経済

残念な技術の展望、おたふく懸念で日本株の下落

日本の株式市場は、先週の金曜日の技術企業の失望の見通しに支えられ下落傾向を見せ、国内COVID-19感染の急増が、投資家の心理を強打した。

Nikkei 225指数は0.83%下落して28,812.63で取引を終えたし、より広いTopixは0.57%下落した1,898.24で取引を終えました。

アナリストは、投資家が、最新の実績報告書を検討し、今年堅調な反発の高い期待に応えることができなかった企業の株式を売却し、日本の技術株価下落を主導したとアナリストは言った。

アナリストは、今週初め二つの都市に非常事態を宣言した後でも、東京と大阪で新たな感染が増加するにつれて、投資家もCOVID-19についてさらに心配していると述べた。

東京は木曜日に、毎日1,027件の感染を報告したが、これは1月18日以降で最も高い数値です。

Sumitomo Mitsui Trust Bankの市場ストラテジストであるAyako Seraは「今まで入ってきた収益は、昨年の大規模な株価上昇を正当化していなかったため、上昇余力が限らです。

「英国と米国は予防接種が経済活動再開につながるということを示したが、残念ながら日本は遅れています。 “

Z Holdingsは先月、日本で最も人気のあるメッセージングアプリでLineとの合併でより多くの利益を期待していた投資家を失望させた、現在の会計年度の検索エンジン運営者とインターネット広告の収入予測に基づいて7.11%下落しました。

ソニーグループは、PlayStationゲームコンソールメーカーが在宅勤務の需要が減少するにつれて、利益が減少すると予想するという後7.714%の損失を被った。

Murata Manufacturing Coも電子部品メーカーの予測がアナリストの期待に及ばないのに3.55%下落しました。

技術部門の下落の1つの例外はCyber​​Agent Inc. 会社が利益見通しを上げた後、携帯電話、ビデオゲーム事業者の株価が15.28%急騰しました。 (Stanley WhiteとJunko Fujitaジャーナリスト、Uttaresh.VとVinay Dwivedi編集)

READ  そのドリー・パートンの広告で挫折した労働者が聞いたよう

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close