トップニュース

殴打と殴打車:ベトナム労働者、日本で暴力的な虐待の主張

©GCR, イラスト: Denis Carrier

日本西部の建設会社で練習生として働いていたベトナム男性が2年間、同僚から身体的、精神的虐待を受けたと主張し、メディアの注目を集めた。

彼の動きは、外国人労働者を日本の労働力不足の建設部門に誘致するために設立された日本政府が後援する技術インターンシッププログラムが、一部の日本企業で脆弱な労働者を搾取するために使用され、虐待と虐待にさらされているという懸念を再び呼び起こす。

名前や勤務していた会社名を明らかにしていないAさんは、会社と配置を手配した団体に謝罪と報酬を求めている。

東京から西約540kmの本州の岡山市で記者会見で自らの疑いを明らかにした。 彼は彼の組合の代表である福山ユニオンタンポポに参加しました。 彼の話は刑務所通信に載せられ、 報告 月曜日に。

インターンシッププログラムは、企業が他のアジア諸国から安価な労働力を輸入することを隠蔽するという批判を受けてきた。

2018年に3人のベトナム労働者 福島原発事故で汚染された土壌を除去する 機械なし。 日本の法務省の調査によると、日本企業4カ所が外国人練習生をこのように活用し、そのうちの1カ所で5年間の新入練習生の迎入を禁止した。

41歳のA氏は、2019年秋に会社に入社して1ヶ月ぶりに攻撃が始まったと話した。

記者が見えた ビデオ映像以来、京都がYouTubeに投稿したこの動画には、ほうきハンドルで頭と体を殴り、事務所を蹴り、トラックに乗った乗客を拳で殴る男性が含まれています。

この他にも男性は安全靴を履いていた同僚に足で茶肋骨が折れて足場部分が顔に当たって歯が壊れたと主張した。

去る10月労組に不満を受けて保護監察を受けたこの男性は、日本にある他の会社に離職したいと警察に申告しなかったと話した。

この男性は、通訳者を通じて自分の家族や他の練習生たちに迷惑をかけたくないので沈黙を守ったと話した。 この男性はベトナム工場で低賃金職場を辞め、妻と5歳の娘と共に日本に来た。

彼は「手数料100万円を含めて返済すべき借金が多い。 [$8,700] 斡旋業者に送って会社を辞めれば、返済することもできず、家族にお金を送ることもできない。 外的に訴えたら復讐が怖かった。 我慢しなければならなかった。

建設会社側弁護士は和解交渉中だとコメントを拒否し、配置を手配した工事関係者は和解議論が進行中の状況で言及しないと述べた。

READ  米国版毎着陸成功は、将来のリソース確保に焦点 - 朝鮮日報

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close