世界

母が「寿命10日」の宣告を受けたときは、50代娘最も後悔した決定これだけ聞いてなかった| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

多くの人々が直面している親の介護と看護。 親の介護の経験を踏まえ、「親の介護を開始人に伝えておきたい10の「(ダイヤモンド社)を出版した作家道理典子さんは「医師の寿命10日宣告された認知症の母親がベッドの上で衰弱苦痛の中、最終的に「延命治療していない」と判断した自分は正しかったのか葛藤を経験しました」と – 。
末期患者と家族の介助

写真= iStock.com / KatarzynaBialasiewicz

※写真はイメージです

「母が母ません私も私を維持することができなくなる」看護は「懲役刑」または

10年前、肺がんだった父(享年79歳)の家で介護正直「ヒュー」と思ったのもつかの間、母(当時75歳)が難病を患っていることが分かった。 一日に体調が悪くなっていく母 “少しずつな看護生活」は、文字通り問答無用で開始された。

親の介護をするつもりは1ミリもなかった。

親は長男校であり、私は姉弟がいる末っ子で、しかも親から「嫁と実家の土台をまたぐことなく」という教育を受けてきたからだ。

その顛末は前2作 “道理典子の親の介護を知らなければバカ見ることができだらけ」「親の介護を起動すると、お金の話に泣いて見て「(すべてのダイヤモンド社)に書いたが、最終的には、親の介護生活10年を超えた。

これまでの葛藤の嵐である。 私は看護など、したくなかったのだ。

母は途中認知症も加わり、私が知っている母親は、なくなっていった。 そのような姿をただ呆然と見つめたり腹立たしいまたは情けなくて泣くという日々母も私もお互い打撃をした。

看護は母が「母なくなる」ということを誇示することができだけでなく、自分自身が「私を維持することができなくなる」のような、お互いの平安のために、私はこの「懲役刑」早く終わることだけを希望した。

しかし、健康診断の母は、常に内蔵周りは異常なし “健康優良ああ。」 ケアマネに「よかったですね〜!」とするたびに、閉経に苦しんで私は心から「逆縁 “(※)心配したほどだ。

※本来後に死亡が明らか人間が先に死ぬこと。

当時、私の中に母が死ぬという概念がなかった。 「この人は死なない」と本気で思った。 しかし、母は死んだ。

ガンホウンある日突然始まる。 正確に言えば、徐々に介護が必要な体に移行しているが、保護者には見て見ぬふりをしてきた経緯があるので、「ある日突然」と考えやすい。 「看護」も同じだ。 ある日、当事者にされる。

READ  「むしろトランプ以上」中国通のバイデンも「中国包囲網」という危険な戦略日本は、この包囲網に参加できるかどうか| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close