母は札幌で男性を惨めた容疑を受ける娘を助けることを否定した

0 min read

昨年7月、札幌で男性を殺害し斬首した疑いで起訴された30歳女性の母親が、火曜日自身が娘に助けを与えた事実を否定しました。

母田村博子(61)は、北海道首都札幌地方裁判所で開かれた最初の審理で「私は助ける気がなかった」と話した。

医師の夫オサム(60)も娘ルナと共に事件でルナを助けた容疑で起訴された。

検察は先に陳述を通じてルナが日本北部すすきのナイトライフのあるホテルで62歳の会社員を殺害してトップで男性の頭を斬首した後、オサムの乗用車を利用して家に持ち帰ったと指摘した。 父自身によって。

続いて母親は娘の頭を家に隠したまま正常な生活を続け、ルナの要請に応じて夫にソーシャルメディアを通じて娘が切断された身体部位を毀損する映像を撮ってもらうよう要請したと主張した。

一方、弁護人側はみんな陳述で母が娘がずっと逮捕されると信じて警察に申告しなかったし、ルナから警察に申告することが何か知らなかったと主張して無罪を主張した。 画像化されます。

ルナとオサムの試験開始日はまだ決まっていません。

READ  2023年に日本で最高の新しいホテル、バー、レストランは次のとおりです。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours