スポーツ

毎ベンチはロッテ美馬交換を「望んでいた?」の元コーチが分析勝負を分けた継投| Full-Count

14日ソフトバンクは本社PayPayドームで行われたロッテとの「スーパーソールクライマックスシリーズパ」第1戦を4-3で逆転勝ち。4年連続日本シリーズ進出に将軍をかけた。昨シーズンまでソフトバンクでコーチを務めヤクルトなどで活躍した飯田哲也氏は、勝負のポイントは、6回、ロッテの継投であったと分析した。

6回途中下車したロッテ美馬学[사진 : 아라카와 유우지]

昨シーズンまでホークスでコーチを務めていた飯田哲也氏が分析

■ソフトバンク4-3ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

[PR]ヤクルト、日本のコンビが爆笑説法DAZN(ダジョン)の魅力と可能性は

14日ソフトバンクは本社PayPayドームで行われたロッテとの「スーパーソールクライマックスシリーズパ」第1戦を4-3で逆転勝ち。4年連続日本シリーズ進出に将軍をかけた。昨シーズンまでソフトバンクでコーチを務めヤクルトなどで活躍した飯田哲也氏は、勝負のポイントは、6回、ロッテの継投であったと分析した。

ソフトバンクは2点リードされた6回。 ロッテ先発米村を攻撃先行柳、ずっとくらしアルが連続安打を放った。 栗原の犠打で1死2 3ルイところロッテ井口監督は、これまで1失点で好投した美馬で2番目の東條に交換をした。 美馬のような右利きの東條はずっとデスパーねに遊撃内野安打を打たれ1点を返した。

飯田氏は、「あくまでも結果論だが…」と前置きした後、ここに継投で勝負の分水嶺があったとみなす。

「シーズンを通して選手を見たことが井口監督など経営陣が選択された最良の方法であるので継投ミスとは言えないと思います。ここで打ったデスパーイネウル賞賛しなければならないと考えています」

さてここではなぜ分岐点なのか。 ソフトバンク側の心理的変化があったとする。 もし元コーチ自身がホークスベンチにいると、美馬交換を望んでいたと考えたからであった。

「今シーズン美馬投手はソフトバンクに5勝1敗ホークス打線は苦手意識がありました。その時まで再三のチャンスを作りながら攻撃することができなかった。慎重に投げ粘り強かった。だから、美馬投手が投げた継続することがベンチでは嫌だったと思います」

交換した瞬間にソフトバンク側の雰囲気が変わって初めてデススパイク君て勢いに変えた。 また、一三塁からロッテは3回目の嘲笑に。 続く牧原の党はルー正面打球だったが、2塁中村賞は1走者のデスパーイネウルタッチして1塁送球も一塁手井上が捕球できず。 三塁走者のグリッド時アルの生還を許した。

ロッテが取った最善策。 デスパーねの打球方向が少し守備位置よりもあれば、無失点で離れた地図しれない。 沢村、増田に余裕を持って指揮を渡すことができたかもしれない。 しかし、その結果、この一つの交換が劣勢だったホークスに勢いを与えて離れていた相手のミスを引き出したことは間違いない。

(Full-Count編集部)

READ  マジック1巨人優勝なるか? /ヤクルト戦ライブ速報 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close