スポーツ

毎戦力外西田哲朗が現役引退 “最高のプロ野球生活でした」次のシーズンから球団広報に| Full-Count

ソフトバンクから戦力外通告を受けた西田哲朗内野手が23日、自身のインスタグラムの更新。 現役引退を表明し、来年シーズンから球団広報を務めることを明らかに。

ソフトバンクの電力から除外された西田哲朗[사진 : 우키 가이 유스케]

通算388試合出場、インスタンスで見て「第2の人生頑張ります」

ソフトバンクから戦力外通告を受けた西田哲朗内野手が23日、自身のインスタグラムの更新。 現役引退を表明し、来年シーズンから球団広報を務めることを明らかに。

U-12代表で社会人代表まで24選手サムライジャパン」でNPBが経験者(サムライジャパン応援特設サイト)

西田は「プロ野球選手を引退します。11年間応援ありがとうございます」と冒頭で見ている。 11月26日戦力外通告を受けていたが、「事実通告を受けたときに引退を決めました。ただ、自分一人で野球をするきではないので、区分を建てるというニュアンスになってしまいました」と報告が遅れたことを説明した。

通報を受けた後、約1か月。 「この期間、多くの方々と話多くの企業さんとも話したくさん仕事の話もあったが、自分は11年プレーしたプロ野球界に従事して、さまざまな観点から研究し球界に応えて成長したいと思っていました。そして何よりも、ホクスウル好きです。最初から勉強することだらけですが、またどうぞよろしくお願いします」と書いた。

西田は、2009年ドラフト2位楽天に入団。 2014年には131試合に出場して頭角を見せはしたが、出場機会が減少した。 2017年オフには山下斐紹との取引でソフトバンクに移籍した。 登録初年度72試合に出場したが、昨シーズンは7試合出場停止。 今季も周東と川瀬など若者の台頭が36試合出場。 通算388試合に出場して781打数171安打13本塁打71打点、打率.219だった。

「楽天イーグルス8年ソフトバンクホークス3年11年の半分以上が負傷の生活だったが、周囲の方々にも祝福リーグ優勝2回、日本を4回も味わうことができました。最高のプロ野球生活だった」と回顧した西田。 次のシーズンから球団広報に戻って出発するのを見て「第2の人生頑張ります」とまとめた。

(Full-Count編集部)

READ  セルジオ・ペレスレッドブルホンダF1移籍の可能性が再浮上[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close