毎日の望遠鏡:夜空を照らす白鳥座の壁

Estimated read time 1 min read
大きくする / シグナスの壁。

メルマーティン

デイリー望遠鏡へようこそ。 この世界では、暗闇が多すぎて光が足りず、サイビー科学があまりにも多く、科学が十分ではありません。 他の出版物で毎日占いを提供させていただきます。 Ars Technicaでは、星と驚異でいっぱいの宇宙の実際のイメージからインスピレーションを得るために別の道を選びます。

おはようございます。 今は1月16日です。 今日、私たちは白鳥座の壁(Cygnus Wall)に向かって2,600光年離れた宇宙を旅しています。

これは一種の銀河の障壁のように聞こえますが、白鳥座の壁の命名法はより平凡な起源を持っています。 つまり、壁のように見え、白鳥座に位置しています。 ここはいわゆる北米星雲(North American Nebula)の中で最も明るい地域で、一部の写真では北米の輪郭のように見える。

想像力を発揮すると、白鳥の壁は中央アメリカやメキシコとやや似ています。 この地域は、この画像に赤色を帯びた水素と硫黄が多く含まれており、青色で表示された酸素があり、活発な星形成が行われる地域です。 この特徴は、幅が約20光年、つまり私たちの太陽系直径の6倍以上です。

Mel Martinが送ったこの画像は、アリゾナの裏庭の天文台で撮影されました。 愛らしい。

源泉: メルマーティン

Daily Telescopeに写真を送信しますか? 手を伸ばして挨拶してください。

READ  ハッブル、小宇宙惑星大気で水蒸気を発見
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours