経済

毒薬をめぐる日本の法廷争い、最高裁判所まで行くことも

東京キカイセイヤクショ株式会社のロゴが2021年10月21日、日本東京にある本社事務所に展示されています。 REUTERS/Issei Kato

東京、11月9日(ロイター) – 火曜日、東京高等裁判所は、メーカーの東京キカイ製作所株式会社(6335.T)の独薬発行計画に対する仮処分申請を棄却し、最大株主が今最高裁判所に上告する決定です。 。

Asia Development Capital(ADC)(9318.T)は、東京キカイの株式40%を希釈し、買収を妨げる新株発行をブロックしようとしています。

ADCの弁護士は、火曜日、東京高等裁判所が下級裁判所の判決に対する上訴を棄却した後、ファンドは日本最高裁判所に上訴する計画だと述べた。

法的紛争は外国人投資家の間で懸念を引き起こし、世界3位の経済大国である敵対的な買収合併の未来に影を落とす可能性があります。

ADCは数週間で新聞印刷機メーカーの株式の40%を獲得しました。 ADCを除く東京キカイの株主は、ファンドの持分を希釈する新株発行を承認した。

東京紀海は、声明で新株発行計画が「合法的かつ適切である」と裁判所の控訴棄却について「会社の主張を認める合理的な決定」と述べた。

ADCの株式発行をブロックする当初の試みは、東京地方裁判所によって棄却された。

Tokyo Kikaiの勝利は、他の日本企業が毒物を使用することをはるかに簡単にする可能性を持っています。

山崎真紀子の報告、パク・ジュミンの著述。 Kirsten DonovanとDavid Dolanによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  中核営業利益を引き続きサポートするNippon Lifeの安定したビジネス

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close