気候報告書カードには国が努力していますが、緊急に改善が必要であることが示されています。

1 min read

国家はこれらの目標を達成するにはまだ遠い。 現在の気候誓約は、国が彼らの計画に従うならば、2100年まではるかに危険な摂氏2.5度ほどの温暖化に備えて世界を軌道に乗せるでしょう。 地球温暖化をより安全な水準に保つためには、2035年までに世界の排出量を約60%削減しなければならず、これには風力、太陽光、原子力などのエネルギー源のはるかに急速な拡大と化石燃料による汚染の急激な減少が必要となる可能性これは高いです。 石油、石炭、天然ガスのようなものです。

報告書は、気温を摂氏1.5度まで維持できる期間が「早く狭くなっている」と明らかにした。

新しいレポートは グローバル在庫調査。 国家はパリ条約を承認し、2023年から5年ごとに出会い、気候変動との戦いがどのように進行しているかを正式に評価し、努力を強化する必要があるかどうかを確認することに合意しました。

ほぼ2年間作成されたこの報告書は、11月末にアラブ首長国連邦ドバイで始まるCOP28として知られる次期国連気候交渉の基礎となります。 そこで、国はグローバル在庫調査に対応する方法と追加措置について議論します。

国連気候変動の責任者であるサイモン・スティール氏は、「政府が報告書の結果を慎重に研究し、それが自分に何を意味するのか、そして次に取るべき野心的な措置を究極的に理解するよう促す」と述べた。言いました。 「グローバル在庫調査は、より大きな野望と加速された行動のための重要な瞬間です」。

この報告書は、個々の国を成功または失敗に分類することなく、グローバル気候協議における最も厳しい力学の1つを強調しています。 世界全体が排出量をより早く減らす必要があるという点には誰もが同意しますが、まさに誰がより多くのことをすべきかについては国によって大きく意見が異なります。 インドのような発展途上国は、米国やヨーロッパなどの豊かな排出国が化石燃料の使用をより迅速に減らし、貧しい国々が経済を整理する時間をより多く与えなければならないと述べています。 これに対してアメリカの管理者は、中国が今や世界最大の排出国になったため、はるかに多くのことをしなければならないと頻繁に指摘しています。

READ  新型コロナ]米感染者1100万人を突破 - フランス都市封鎖改善傾向 - Bloomberg
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours