世界

気候変動は、国家安全保障のための広範な脅威をします

報告書は、海外の気候移住に焦点を当てているが、いくつかのアメリカ人は、気候変動の影響により、既に移住していると指摘します。 報告書は、「米国でも、ワン極端な事件により、慢性的悪化する状態にさらされた低所得人口が比較的恒久的に移行することができる」と指摘した。

去る2月バイデン前副大統領は、国家安全保障会議(NSC)の気候変動に起因避難を保護し、再定住することができるオプションと、これらの識別方法を提供するように指示する行政命令に署名した。

これに対する対応で、8月までに完了する予定だった木曜日に発表された報告書は、ホワイトハウスが「議会と協力して、米国内での深刻な生命を脅かすに直面した個人のためのパーソナライズされた人道的保護のための新たな法的パスを作成することを推奨します。 気候変動」

報告書はまた、気候移住の米国政策を調整するために、政府機関全体にスタッフのグループを設定することを要求します。

気候移住の専門家たちは、レポートがさらに発展することができたと言いました。

気候の移行を専門とするサンディエゴカリフォルニア大学の経済学教授であるTeevrat Gargは、この問題に対する政府の関心を歓迎した。 しかし、彼は、レポートが米国と他の先進国が気候移民に負っていることが何なのかについてのより深い質問を扱うことができたました。

Garg博士は「気候変動を主導する炭素排出量の大部分は、豊かな国で発生したが、その結果は、不均衡的に貧しい人々が負担しています。」と言いました。 結果的に豊かな国は、「気候難民を支援する義務」があります。

他の人々は、より批判的でした。 国際難民機関(Refugees International)の気候避難プログラム(Climate Displacement Program)の選任支持者であり、プログラムマネージャーであるKayly Oberは、レポートが失望スロプダゴました。 これは、気候移住を解決する方法の一連の処方よりも気候移住に関連する問題の検討にあります。

Ober氏は「逃した大きなチャンスです。 「バイデン政権は、彼らが何をしたいのか、まだ把握していなかったと思います。」

READ  台風9号(メイサク)非常に強い勢力沖縄アプローチに2020年の台風情報 - ウェザーニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close