世界

気候変動は、米国を含む世界最高の経済強国を荒廃させる脅威

世界最大の経済局は、特に温室効果ガス排出量を減らすための措置が講じられていない場合、気候変動の深刻な人的および経済的結果に直面するでしょう。 新しい研究 イタリアの研究センター、ヨーロッパ地中海気候変動センター(CMCC)で。

CMCC戦略委員会のチーフメンバーであるDonatella Spanoは、「干ばつ、猛暑、海面上昇、食料供給の減少、観光産業への脅威に至るまで、我々が今行動していなければ、気候変動が世界最大の経済にどれほど深刻な打撃を与えるか」示しています」と言いました。 報告書発表とともに発表された声明で、ササリ大学の科学者。

報告書は、米国、カナダ、フランス、ドイツ、ブラジル、メキシコ、日本、中国、ロシアなど19カ国と欧州連合(EU)で構成されたG-20を調査した。

9月22日、イタリアのレッチェで気候変動が地中海地域に与える影響を監視し予測するために設立された研究所の人々。 (ヤノス・キアラ/ゲッティイメージ)

深刻な暑さや海面上昇などの気候変動の影響はすでに世界の主要経済圏で死亡と破壊をもたらしており、気候変動が続くと、より暖かい気候で増殖する新しい感染症も発生することがわかりました。 中央から高い排出量で米国北部の気温が上昇するにつれて、以前フロリダとテキサスでのみ地域的に感染していたジカウイルスは、2050年までに人口の83%を脅かす可能性があります。 アメリカの居住者の92%以上がデング熱になる危険があります。

排出量が引き続き高ければ、今世紀末までヨーロッパでは現在2,700人から毎年90,000人が極度の猛暑で死亡します。

これらすべては経済的な意味もあります。 排出量が多い未来には、フランスやインドネシアなどの国で海水温度上昇で漁獲量の1/5以上を失う可能性があり、海面上昇により海岸インフラが破壊され、4,040億ユーロ(4,680億ドル)の損失が予想されます。 2050年まで日本の場合8億1,500万ユーロ(9,450億ドル)、南アフリカ共和国の場合8億1,500万ユーロ(9,450億ドル)。

全体として、報告書は、G20諸国が排出量が急速に減少しない場合、2050年までの総経済生産量の4%、2100年までの8%を失うと推定しました。

気候変動に関する政府間パネルと協力するCMCCは、来週、スコットランド・グラスゴーで開かれる国連気候変動会議に先立って報告書を発表した。 G20諸国は、地球温暖化を引き起こす世界中の温室効果ガス排出量の約80%を担当しています。

国連気候サミットが開催されるスコットランド・グラスゴーのスコットランドイベントキャンパス。

国連気候サミットが開催されるスコットランド・グラスゴーのスコットランドイベントキャンパス。 (Jeff J. Mitchell/ゲッティイメージズ)

G-20諸国はすべて2015年に締結されたパリ協定の当事者であり、産業化以前の水準より摂氏2度以下に温暖化を維持するという目標を設定しました。 しかし、これまでの排出量を削減するための個々の国の約束は、世界を少なくとも2.7℃の温暖化に向けた道に導きました。 前回強力な温室効果ガス削減公約を免れていた中国、ブラジルなどG-20諸国がグラスゴーより先に野望を強化するという希望がこれまで続いてきた。 具体化されていない。 によると 最近の国連報告、地球は大胆な新しい約束なしでまだ災いの気候変動に向かっています。

「科学者として、私たちは排気を解決し、気候変動に適応するための迅速な措置だけが気候変動の深刻な影響を制限することができることを知っています」とSpanoは彼女の声明で語った。 「すぐにあるサミットでは、G20政府が科学に耳を傾け、世界をより良く、より公正で、より安定した未来に導くように求めます。」

カバー サムネイル写真: Lukas Schulze/Getty Images

____

Yahooのニュースでもっと読む:

READ  クーデター以来初の海外歴訪でアセアンサミットに出席

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close