気候変動は社会環境システムに新しいリスクをもたらします:インド – 日本のパネリストの集まり

Estimated read time 1 min read

インド研究所で開かれたインド・日本科学技術革新フォーラム(インド・日本STIフォーラム)の最初の合流式では、パネリストは気候変動により社会環境システムに新たなレベルとタイプのリスクが出現していると述べた。 都市の科学。

技術と持続可能性の問題も交渉できない必須事項となり、文化・産業システムは持続可能な開発原則に合致する新しい生産モードと消費モードへの移行を模索しなければならないと、インドと日本の有名なパネリストが意見を明らかにしました。 。

技術世界にも大きな混乱がありました。 人工知能(AI)は、認知と推論のための驚くほど新しい能力を示す「生成」AIシステムを通じて爆発的に登場しました。 これにより「情報社会」で公的、私的生活のすべての領域にAIが参加することが加速されたとパネリストらは懸念を表した。

インドと日本の2つの主要な学術機関であるインド科学研究所と慶應義塾大学は、科学、技術、革新のためのインドと日本の協力フォーラムを作成しました。

IIScのAnjula Gurtoo教授によると、フォーラムは、変化の原因とその意味を主要な業界ステークホルダーと話し合い、将来に繁栄するための適切な戦略を概念化するための参加型で変革的な空間でありプラットフォームです。

Atal Innovation MissionのミッションディレクターであるChintan Vaishnavシニアゲストは、インドと日本のRise Acceleratorイニシアチブの形成を提案し、両国間の相乗効果を活用し、世界中のビジネスを探索するのを支援しました。

Vaishnavは、「India Rise Acceleratorは、インドの最も重要な共同国の課題を解決し、技術主導のイノベーション、国境を越えた協力、エコシステムの統合を通じて持続可能な影響力を生み出すスタートアップにミッションクリティカルなサポートを提供しました」と述べた。

日本インターネットの父親であり、日本では「インターネット侍」とも呼ばれる村井潤が1980年代にインド訪問を回想し、日本のデジタルインフラ構築の旅程を共有した。 また、量子インターネットは慶應義塾大学の専門分野の一つであるだけに、宇宙、通信、量子コンピューティング、量子インターネット分野で両国間協力を注文した。

主なパネリストとしては、インド日本大使館第1書記西龍平(Nishi Ryuhei)、GOI戦略同盟理事、シニアサイエンス顧問室Sapna Poti博士、日本JETRO代表大滝拓(Takuma Otaki)、楽天最高人民責任者Nalini George、Naoパイロット協力部門国際営業部門の責任者、Shrikant Deshmukh、横川インディアの責任者、小里佐藤、日本財団事務総長、Shalini Rajneesh博士、Karnataka政府追加最高秘書、Vibhav Joshi、PADECO、インドCOOおよびシダルト・デシュムクIJBC会長。

この記事は、購読者にのみ提供されるプレミアム記事です。 毎月250以上のプレミアム記事を読むには

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

これが最後の無料記事です。

READ  日産はロシア事業を1ユーロに売却し、6億8700万ドルの損失を被った。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours