世界

気候変動:イギリス人は、CovidやBrexitよりも危機について心配しています。

Ipsos MORIは毎月調査を発表します。 11月はCOP26気候会議中に1週間行われました。 このイベントはスコットランドのグラスゴーで開催され、全国メディアの広範な報道を受けました。

アンケートに応じた人々の約40%が、気候変動、汚染、環境を3つの懸念事項の1つに挙げました。 ファンデミックが27%で2位、ブレクシットが22%で3位を占めた。 Ipsos MORIは1,000人以上の大人にインタビューし、彼らは自発的に回答し、回答オプションは提供されませんでした。

11月の気候の懸念は、10月より16%ポイント高かった。

COP26の会議中に関心の明確な衝突がありましたが、他の世論調査で確認されたように、過去10年間で気候の懸念が長期的に増加しました。 YouGovを含む

Ipsos MORIアンケートによると、年齢層、性別、政治的傾向に基づいて気候問題がかなり均等に分布しています。

」[It’s] スウォンジー大学の心理学と上級講師のガブリエラ・ジガボーイ(Gabriela Jiga-Boy)は、CNNとのインタビューで、「気候変動がもはや若くて進歩的な人々の関心事ではないという事実が非常に促している」と述べた。 気候変動。 これは、私たちが問題に対する実際または偽の双極化について多く議論し、人々が実際にどのように双極化しているかをしばしば誇張するこの時代に非常に重要です。

老年層の最優先事項である気候

調査によると、男性と女性はそれぞれ40%と41%で、気候危機を最も重要な問題と見なしました。 そして、中道右派保守党と中道左派労働党の支持者は、気候問題に対する関心が同等であった。

55歳以上の年齢層では47%が最大の問題だと答えた。 35~54歳の年齢層は43%だった。 18歳から34歳の間では、27%だけが同じ答えをしましたが、その年齢は特定の問題について心配すると答える可能性が少なくなりました。

国家が気候危機の費用を誰が負担すべきかについて議論している間、ラゴス島のコミュニティは海に飲み込まれています。

西シックス大学(University of Sussex)経営大学院の科学政策研究部門(Science Policy Research Unit)の上級研究員であるラリツァ・ヒテバ(Ralitsa Hiteva)は、テーマが「個人化」されるため、気候変動が今や大多数のグループの最優先課題である。言いました。 これは、純ゼロ排出目標などの政策が政策に与える影響についても同様である。

数十カ国が世紀半ばに純ゼロ排出量目標を設定し、そのために木を植えたり、化石燃料から炭素を除去する技術を使用して、温室効果ガス排出量を大幅に削減し、過剰分を「捕獲」する計画です。 これらの技術 完全に開発されておらず、まだ議論の余地があります。

ひてばはCNNとのインタビューで「私たちは人々がネットゼロ目標と気候変動の影響を直接見て経験していることを見ている」と話した。 メール。

気候危機への懸念は年齢層間でもかなり高いですが、さまざまな種類の気候行動のサポートはより分裂的です。

彼女は、「高齢者は、将来の世代の経験を改善するためのインフラ投資にもっと費用を払う傾向がある」と述べ、若い人たちはそうする可能性が少なかったと付け加えました。

「これを行動に移す唯一の方法は、現在の勢いを活用し、人々が環境に優しいだけでなく、より包括的な革新的な方法でインフラ投資を設計し使用する方法を再想像するように参加させることです。に」

READ  権威のない少数民族はここまで残酷になる中国の「特色ある「民族差別| 風刺画で読み解く中国の現実| コラム

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close