技術

水性のイメージを捕捉した欧州 – 日本の宇宙探査機 – Science&Tech

ヨーロッパ – 日本の船ベピコロンボ(BepiColombo)が太陽に最も近い惑星である水星の最初のイメージを送った欧州宇宙機関(European Space Agency)が土曜日た。

この画像は、無人宇宙船がアリアン5号ロケットに載って発射されてから約3年後に得られた。

BepiColomboに付着したカメラは、白黒の画像を提供したESAは声明で述べている。

しかし、船が惑星の夜に到着したとき、惑星の最も近い高度な199km(124マイル)の高度で画像を撮影するのに条件が「理想的でませんでした」ので、最も近いのは、約1,000kmであった。

表示された地域は、大規模なクレーターと数十億年前に溶岩があふれた地域を含む水性の北半球の一部です。

このミッションの船運営管理者であるElsa Montagnonは「飛行機は船の観点から見ると、非の打ちどころがなかった、最終的に私たちの目標の惑星を見たことが素晴らしいです。」と言いました。

ベピコロンボの使命は、「母性に近い惑星の起源と進化をよりよく理解するために、「コアの表面コース、磁場と宇宙空間に至るまで、この神秘的な内部の惑星のすべての側面を研究するとエージェンシーは言った。

水星はまた、磁場を持っている私たちの惑星のほか、太陽の周りを回る唯一の岩石惑星です。

磁場は、液体コアによって生成されますが、サイズを考えると水星は火星のように今では冷たく硬くべきです。

この異常現象は、コア構成の一部の機能が考えられます。 BepiColomboの機器は、これまで可能であったよりもはるかに高精度に測定します。

表面的に水性は摂氏約430度(華氏800度以上)の暑い日から氷点下180度(華氏マイナス290度)の非常に冷淡夜の間に行き来する極限の惑星です。

その昼と夜は、それぞれの地域で、ほぼ3ヶ月間持続します。

初期の任務は、惑星の極クレーターの最も深いくぼみで氷の証拠を発見した。

科学者たちは、これが水性表面に衝突する彗星のために蓄積されたことがあると推測します。

BepiColomboは、衛星が金星と地球を通るのを見ることができる複雑な軌跡間水性のフライ・バイ・5回作る予定です。

太陽の引力が強すぎて、衛星を正常に配置するには、巨大な制動起動が必要で、この大きさの船にあまりにも多くの燃料が必要であるため、水性に直接送信することができませんでした。 任務は、今後約5年間持続します。

重力サポートとして知られて地球と金星がかけられる重力は旅行中に「自然に」速度を遅くすることができます。

READ  ソフトバンク、フランスロボット事業、ドイツ・ユナイテッドロボットに売却交渉中

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close