エンターテインメント

水沢アキ「体が祖母になっても「65歳の写真 – 芸能:日刊スポーツ

写真集「AKI MIZUSAWA 1975-2020」出版記念イベントに出席した水沢アキ(左)と篠山紀信氏(撮影遠藤直子)

女優水沢アキ(66)が5日、都内で開かれた写真集「AKI MIZUSAWA 1975-2020」(小学館)出版記念イベントに写真家篠山紀信氏(80)と参加した。

グラビアアイドルとして一時代を築いた水沢45年の歴史を詰め込んだ1冊。 写真はすべて篠山さんのもので、当時の未発表作品と今年新たに撮影した作品などをまとめている。

水の写真集発売は95年の「AKI MIZUSAWA 1975-1995」以来25年ぶりである。 赤いミニワンピースで元気に登場すると、完成した写真を手に「1億、いや1兆点程度!」と自己評価する。 篠山さんに感謝を言い、 “(写真)私の人生そのもの芸能界を愛し、先生19歳で会うことができていて、これだけ撮ってもらった。これで安心して生活終わったら」とふざけて笑ったした。

好きな1枚には、表紙の写真、当時19歳の自分自身について、「(表情が)強いですか?芸能界水泳来られたというこの目があったので、よく撮ってもらった」と回顧した。

水はこの日、66歳の誕生日。 写真の最後のページには、65歳で撮影した最新のヌード仕上げされている。 水は「やや体が祖母になっても先生なので、安心して取り組みました」と撮影を振り返る。 写真はアダムに仕上げたのは、 “夜明けの出てくるのではなく笑顔がいい。胸が降りてしまって示しすることができているのはないが、目をつぶって見ていただければ」と狡猾な話した。

水は篠山さんが唯一の長い年月をかけて撮り続けている女優である。 篠山氏は水の変わらない明るさに「初対面弾ける健康な美しさを60にも大事にしている」と感心。 「5年後に再び写真集は?」と尋ねると、「絶対撮っています!このエネルギーが延々と続くため、ぜひ撮っていただきたい」と70歳のミジュウル撮る肯定的だった。

READ  「マクロスΔ ''バルキリー」の最新LIVE TOUR FINALがLV決定| アニメーションタイムズ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close