スポーツ

水泳選手アニタ・アルバレス、世界選手権大会中気絶した後の救助

アメリカの芸術水泳選手Anita Alvarezが水曜日のブダペストで開催された世界選手権大会でスイミングプールの床にゆっくりと沈むと、彼女のコーチアンドレア・フォンツはスイミングプールデッキを素早く見て、刹那の決定を下しました。 彼女は彼女を救うために飛び込んだ。

北部ニューヨークから来た25歳のアルバレスは、イベントでソロルーチンの終わりに意識を失い、動かない体が睡眠の下に浮かんで潜在的に命を脅かす状況を作りました。

スペインで4回オリンピックメダルを獲得したフエンテスは「人命救助員も誰もいないことを見て、再び水の中に飛び込んだ」と話した。 スペインの新聞マルカに言った。 「彼女が呼吸しなかったので少し怖かった」

Fuentesは、医療従事者の治療を受けたAlvarezは、肺に水がいっぱいで約2分間呼吸できなかったと述べました。 Fuentesは、「医師はすべての活力を確認し、すべてが正常でした:心拍数、酸素、糖値、血圧など」と話しました。 アップデートの公開 スポーツのアメリカの管理機関であるUSA Artistic SwimmingのInstagramアカウント。

Fuentesは彼女の速い考えについて賛辞を受けましたが、彼女は前にそれをしたので何をすべきかを知っていました。 昨年スペインで開催されたオリンピック予選で、アルバレスはフェアパートナーのリンディ・シュロイダー(Lindi Schroeder)と共にルーチンを終え、同様に意識を失った。 彼女が水曜日にやったように、Fuentesは完全に服を着てプールに飛び込み、Schroederの助けを借りて、 Alvarezを再び水の上に引き上げた。

水曜日に、FontsはショートパンツとTシャツを着て、Alvarezを再び救った。 アルバレスをプールデッキに戻して治療を受けて担架に載せた後、プエンテスは記者たちにアルバレスが「大丈夫」と休憩後に再評価されると述べた。 彼女は今週後半にチームイベントに戻る可能性を排除しませんでした。

2回オリンピックに出場したアルバレスは、水曜日に開催されたソロフリーイベントで7位を獲得しました。 彼女は2016年の劉オリンピックでデュエット種目で9位を獲得し、去年の夏、日本で再び予定された2020年東京大会では13位になりました。 彼女は第四世界選手権大会に参加しています。

FuentesはUSA Artistic Swimmingステートメントで「私たちは時々これが他の高強度スポーツで起こることを忘れています」と言いました。 「マラソン、サイクリング、クロスカントリー…私たち全員は、一部の選手がフィニッシュラインに到達できず、他のプレイヤーがフィニッシュラインに到達するのを助けるイメージを見ました。 私たちのスポーツは他のスポーツと変わりません。 ちょうどプールでは、私たちは限界を超えて、時には限界を見つけます。

フエンテは「アニタはもう気持ちが良く、医者も大丈夫だそうです」と報告しました。

Fuentes氏は、「明日、彼女は一日中休憩を取って、フリーチーム決勝戦で泳ぐことができるかどうかを医師と決めるだろう」と述べた。

Alvarezは昨年スペインオリンピックで同じ行動をとり、次のルーチンを実行するために気絶してから数時間でプールに戻りました。

彼女は当時の激しいトレーニングセッションで以前気絶したが、競争ではそうではなかったと述べた。 アルバレスが言った WIVB-TVBuffaloのテレビ局では、彼女は厳しいスケジュールとイベントの感情的な対価が彼女を気絶させたと考えました。

アルバレスは「一定が組まれた方法で、私はその日と翌日の朝、両方の試合に出場する唯一の選手だった」と話した。 「身体的、感情的な側面に加えて、私たちは非常に暑くて詰まったプールにいます。 ヤギはとても強いです。」

アマンダ・ホルプッチ 報告に貢献しました。

READ  プレビュー:オーストラリア対日本 - 予測、チームニュース、ラインナップ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close