水泳選手27人、パリ行きチケット獲得

Estimated read time 1 min read

日本オリンピックの試用版は先週8日間、以前のオリンピックと同じ競技場である東京アクアティクスセンターで行われ、日曜日に仕上げられました。 特に、日本は一般的に、World Aquaticsが定めるオリンピック標準時間よりも予選時間を早く設定します。

画像ソース: 男子200m IM決勝に進出した後、瀬戸大也が2024パリオリンピック出場権を獲得したことを祝っています(Kiyoshi Ota/Getty Images)

この試験では、熟練したベテランと浮上するスターが混合されて披露され、10代の水泳選手たちの優れた演技がスポットライトを受けました。 特に、オリンピック2回金メダリスト大橋結衣と熟練したオリンピックメダリスト瀬戸ダイヤが、最後の2日間のIM 200m部門でチームに加わりました。 彼らは若くて才能のあるIMersとの激しい競争に直面しました。 男子400m IMでは、18歳の松下智之(Tomoyuki Matsushita)が試合最終区間で瀬戸を抜いて個人最高記録である4分10秒04を記録し、初めて資格のある水泳選手となりました。 女子400m IMで17歳の成田美央(Mio Narita)が高校最高記録である4分35秒40で優勝を獲得し、20歳の谷川阿蘇(Ageha Tanigawa)が4分35秒60の記録でオ橋をその場で制圧しました。

画像ソース: アダム・プリティ/ゲッティイメージ

男子200m IM瀬戸大也は「私の好きな個人婚営で若い選手たちが発展する姿が見られて本当に嬉しくて、萩野剛介と私が長く出場してきた種目だから先頭に出たい」と感想を明らかにした。 その道を次の世代に伝えます。 それでも一応は最前線で競争したいです」

画像ソース: 日本代表チームの大橋結衣が2020東京オリンピック女子個人400mで金メダルを獲得した後、歓呼しています(Maddie Meyer/Getty Images)

また女子IM 200mに出場して安堵した大橋結衣は「オリンピック代表チームに入らなかったら引退を考慮しただろう」と話した。 私は私ができることを100%しようとここに来ました。 過去3年間、パリに行こうともあきらめたい瞬間が多かったのですが、周辺の方々の応援でここまで来ることができました」

画像ソース: チャンリンタオ(Lintao Zhang)/ゲッティイメージズ

この試合で最も感動的なレースの一つは、池上理香子が2020年に白血病を患った後、再び姿を現したことでした。 東京2020オリンピックに出場したが、桂州にのみ出場資格を得た池には100mの接合で強力な活躍を繰り広げ、パリで自分の席を占めました。 イベント、57.30で予選がタイムアウトしました。 しかし、さらに優れた活躍を繰り広げた平井水樹(16歳)は56秒91で決勝で優勝し、「私の水泳アイドルだった池江梨香子と共にオリンピック代表チームに参加することができて嬉しい」と話した。 長い間。 パリオリンピックでもメダルを楽しめるように個人技量を育て続けたい」と話した。

2016年の劉オリンピック以来初めて個展出場資格を得たIkeeは、「考える言葉は幸福という言葉だけです。 泣かなかったので驚きました。 最初の50mでは予想より速度が速くなり、主体できないほど力が強まっている。 前半に攻撃をしても後半にも速度を維持できるように体力を育てなければならない」と話した。

もう一つの優れた演技者はベテラン水泳選手の鈴木さとみ(33歳)で、今年の夏の世界で最も特権的なスポーツステージで100mと200m平営で席を確保し、女性の平野種目を掌握しました。 鈴木の復活には、去年の夏、福岡で100m平営から14年ぶりに、自身の個人最高記録を更新することが含まれました。 これは決勝戦で青木レオナより0.02秒先の1分05秒91の印象的な記録を立てました。

画像ソース: ペンギー/ゲッティイメージズ

元男平営200m世界記録保有者の渡辺一平(Ippei Watanabe)も、自分の好きな200m種目で印象的な活躍を広げ、大会本選進出権を確保して注目すべき復帰をしました。 東京2020代表チームに出場できなかった渡辺は強力なストロークを取り戻し、2分6秒94を記録しました。 2022年、ブダペスト世界水泳選手権大会の授賞式に上がった仲間の水泳選手花久留間ゆうとともに、渡辺は今夏のパリで影響力を発揮することを目指しており、「東京オリンピックは逃したが、今回のオリンピックは2016年リオオリンピック以来8年ぶりの初オリンピックになるだろう」と言いました。 オリンピックは私にとって特別な場所です。 オリンピック金メダルを必ず選びたい気持ちが大きいので、最善を尽くして努力する」と話した。

画像ソース: 日本代表チームの本田智が2020東京オリンピック5日目男子接合200m決勝で銀メダルを獲得した後、歓声を上げています(Clive Rose/G​​etty Images)

オリンピック代表チームに合流した注目すべき他の水泳選手としては、2024ドーハオリンピック男子200m接迎世界チャンピオンのホンダドモルがあり、個人最高記録である1分54秒07で優勝を獲得した浮上スターテラカド・ゲンキと激しい競争をがあります。 複数種目で200mフリーフォーム1分45秒29と100m接合50秒96で席を確保しました。 福岡2023女子会合200m決勝進出者の三井愛理(Airi Mitsui)は、個人最高記録である2分6秒54を記録し、同大会で優勝しました。 これらの水泳選手たちは今夏パリで開かれる世界舞台で日本の水泳実力を披露する準備ができています。

画像ソース: 日本東京アクアティクスセンターで開かれた水泳オリンピック予選男子200m個人婚姻決勝戦。 (オタキヨシ/ゲッティイメージ)

個別イベント

  • 松本勝宏(200m自由形、100m接営)
  • 竹原秀和(200m背泳ぎ)
  • 渡辺一平(平永200m)
  • 花ぐるまゆ(平永200m)
  • 水沼直樹(100m接営)
  • 寺戸堂元気(200m接営)
  • ホンダドモル(接合200m)
  • 瀬戸ダイヤ(200m IM)
  • 松下智之(400m IM)

リレーイベント

  • 柳本幸之介(4x200mフリースタイルリレー)
  • 村澤達也(4x200mフリースタイル係留)
  • 真野秀成(4x200mフリースタイルリレー)
  • 松本陸(4x100m ホンゲヨン – ペヨン)
  • 谷口拓(4x100m ホンゲヨン – 平永)

個別イベント

  • 鈴木さとみ(100m、200m平営)
  • 青木玲奈(平永100m)
  • 平水水木(100m接営)
  • 池江理香子(接営100m)
  • 三井愛理(接営200m)
  • 牧野弘子(接合200m)
  • 大橋結衣(200mIM)
  • 松本志保(IM)200 m
  • 成田みお(400m IM)
  • 谷川あげは(400m IM)

リレーイベント

  • わかこぼり(4x200mフリースタイルリレー)
  • 白井りお
  • 池本なぎさ(4x200mフリースタイルリレー)

この記事は好きですか? 共有はなぜできないのですか…

READ  インフォテインメントは、中国の権利を鍛冶屋に任せ
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours