トップニュース

水泳 – 6人のポーランド水泳選手が行政誤って日本で家に送られました。

東京オリンピックとパラリンピックでアーティスティック水泳、ダイビング、​​水泳競技を開催する東京アクアティクスセンター(Tokyo Aquatics Centre)が10月24日、東京のグランドオープニングイベントを終えた後、コロナウイルス性疾患(COVID-19)の発症が続くと思われます。 、2020. REUTERS /加藤イッセイ

7月20日(ロイター) – ポーランド水泳連盟(PZP)会長が行政のエラーのため、6人の選手が東京オリンピックから帰国した後、リンゴました。

ポーランドは23人の水泳選手を日本に送ったが、PZPは、世界協会FINAの予選ルールに基づいて選手団を17人に減らしました。

PZPのPawel Slominski会長は謝罪し、週末に家に帰ってきた水泳選手の怒りを十分に理解してと言いました。

スロー・ミンスキーは「東京オリンピック出場選手の資格に関する状況について非常に残念、悲しみ、悲痛を表する」と述べた。 声明

「そのような状況が起きてはならず、水泳選手たちの反応、感情的、ポーランド水泳連盟への攻撃が理解されて正当ます。」

彼はエラーが “可能な限り多くの選手やコーチが五輪に参加できるようにしたい」という風からだと述べた。

メディアの報道によると、6人の水泳選手はAlicja Tchorz、Bartosz Piszczorowicz、Aleksandra Polanska、Mateusz Chowaniec、Dominika KossakowskaとJan Holubです。

2012年と2016年のオリンピックに出場したTchorzは、ソーシャルメディアに怒りを表出している。

彼女は、Facebookで「人生の5年を捧げ、最も重要なスポーツイベントで、別の開始のために苦労して私生活と仕事を放棄し、家族を犠牲にすると想像してみてください。

超ワニは自分のインスタグラムに「このようなことが起きて、深い衝撃を受けた。絶対起きてはならないことが、とんでもない状況である。最終的には、この悪夢から目覚め願う」と付け加えた。

水泳ニュースウェブサイトSwimSwamはいくつかの、ポーランド水泳選手がPZP全体理事会の辞任を要求する公開書簡に署名したと報道した。

バンガロールでShrivathsa Sridharの報告; Peter Rutherford編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本のRenesas、火に破損チップ工場で生産再開

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close