技術

水素技術特許:日本は先に進むが、中国はきつく近づく

7月13日仕事、日経アジアが世界水素技術特許の現状を報じた。 具体的には、東京に拠点を置く研究会社Astamuseが行った最近の研究から引用しました。 水素は燃焼時にCO2を放出しないため、最終的にクリーンな燃料と見なされます。 これに関してアスタミューズは2010年から2020年までの期間を見て国家リストを作成し、水素技術競争力別に順位をつけた。 研究会社は特許引用、有効期限、その他のデータポイントを使用してリストを作成しました。

彼らは強力な燃料電池特許のおかげで日本がリスト1位を占めたことを発見しました。 特にトヨタ自動車は石油会社ENEOS、産業用ガス会社岩谷のようにこの分野で多くの特許出願をしている。 日本企業は水素圧縮機など核心機器が強いだけでなく、流量計、ガス検知器など小型部品に対する技術力も備えている。 トヨタ、ホンダモーター、日産モーター、NGK Insulators、パナソニック、京セラなど、世界で最も競争力のある水素技術企業や組織のうち、合計8社が日本出身です。

2011年から2022年の間、日本企業は34,624件の水素関連特許を出願し、これはすべての国の中で最も多い数値です。 この傾向は2001年から2010年の過去の調査結果と一致していますが、その期間の総出願件数は、この新しい2011年から2020年の期間より30%高くなりました。

日本に続き、2番目に中国が特許を出願し、米国、韓国、ドイツがその後に続いた。 この10年間、中国企業の水素技術特許出願は21,235件で、過去10年間の出願件数の10倍以上です。 この記事では、中国政府の補助金がどのように多くの書類を提出したかについて述べています。 また、製造、保管、安全管理、輸送の5項目のうち4項目で、中国は日本よりも高いスコアを獲得しました。 日本は依然として新技術実証に先駆けているが、中国の研究機関が活発に出願しており、特許もかなり長く残っている。 中国は、国家水素戦略の一環として、2035年までにいくつかの産業分野で水素エコシステムを構築するという強力な目標を設定しました。 この記事は、中国がすべての水素関連分野で結局日本を追い越す可能性が高いと述べ、結論を下しました。

詳細はこちら(英語)で確認できます。
https://asia.nikkei.com/Business/Technology/China-closes-in-on-Japan-s-hydrogen-technology-patent-lead

READ  アンドロイド12.1で発見された銀河のひだスタイルのピクセル「ジャンボジャック」

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close