池江理香子、世界選手権で強力な性的狙う

1 min read

水泳界で自分の現在位置について現実的ではあるが、日本の神童であり白血病生存者のRikako Ikeeは、2024年パリオリンピックに進出するために7月、福岡で開かれる世界選手権大会で強い印象を残すことに決めました。

池には2015年と2017年世界大会、2016年リオデジャネイロオリンピックに出場した後、2019年2月に病気と診断された。 奇跡的に回復し、2021年に日本の東京オリンピック代表チームに合流した池には、もう3度目の世界大会出場を控えている。 接合とフリーフォーム。

しかし5月、海外大会復帰は物足りなさを残した。 Ikeeは、フランス、スペイン、モナコで開催された3回のMare Nostrumコンテストで、彼女のお気に入りの50m飛行で優勝することはできませんでしたが、国際舞台に再び参加することができて嬉しかったです。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  ジェフ・プラッシュ(Jeff Plush)、USAカーリングCEO席から退く - OlympicTalk
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours