経済

池袋事故飯塚被告「ブレーキ踏んだ鈍化なく ” – 社会:日刊スポーツ

東京池袋で2人が死亡した事故を起こし、任意聴取に応じイルトン酸工業技術院飯塚幸三前院長(2019年5月18日撮影)

東京池袋の都道府県19年4月に乗用車が暴走して松永マナさん(当時31)と長女リコーちゃん(同3)が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪在宅起訴された前の通産省工業院前院長飯塚幸三氏(89)の第3回公判が14日、東京地裁で開かれた。 この日は、同被告の弁護側の意見陳述が行われ、弁護人は、同被告が事故発生時の運転していたトヨタ「プリウス」の電気系統などの経年劣化が事故の原因で、この被告はアクセルペダルとブレーキペダルを間違えないないなどと主張した。

飯塚氏は、午前10時01分、104号法廷に車椅子に乗って入廷し口定時に軽く挨拶をした。 弁護人は、飯塚さんが事故が発生した19年4月19日正午に昼食に行くために車家を離れ、自宅で5キロ離れた文京区に移動し、事故発生まで約20分急いで運転したわけではなく、多少遅いため、運転したと主張ししている。より

<1> 走行中の車線変更したとき、アクセルペダルを踏んでいないにも関わらず、加速とブレーキペダルを何度も踏んでも減速していなかった

<2> 事故現場の交差点に入っ前右足をアクセルペダルからブレーキペダルに移動した

<3> パニック状態に陥り、も加速ペダルを目視して、ブレーキペダルを踏んだが、抜けたような感じが減速せずに大事故につながっ

同じ主張する。 飯塚さんが運転したプリウスが発売されたのは、2003年に李氏が購入したのは、2008年に、電解コンデンサなど経年劣化があったと主張した。

飯塚氏は、10月8日に初公判時に「アクセルペダルを続けたことが記憶しています。 自動車に異常が生じ暴走したと思っています」と無罪を主張している一方、検察は飯塚さんが走行中に車線変更を繰り返しの中で、アクセルを誤って踏んで時速60キロで84キロまで加速させた後も踏み出し結果事故発生当時は96キロまで加速していたと説明した。車の故障診断センサーアクセル、ブレーキの両方の故障記録がないうえ、アクセルを踏んで継続一方、ブレーキを踏んでいないデータが記録されている」とも指摘している。

3日に開かれた第2回公判での事故を目撃した3人の証人が証言台に立った。 3人の目撃者は、すべての「ブレーキランプの点灯を見ていない」と証言した。 うち1人は「乱暴運転じゃないかと思ったほど危険な走行をしていた。 (飯塚被告の車)ごみ収集車にぶつかるまで一度もブレーキランプは点灯していなかった」と証言している。

READ  OculusQuestѤγĥХåƥ꡼cheero顣1mAh

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close