経済

沖縄の人々は、国内外で緊張が高まる中、平和のために祈ります。

沖縄県糸満–日本最南端県の人々が6月23日、沖縄県忠日に第二次世界大戦の最後の数ヶ月間、ここの土壌を汚した流血地上戦の犠牲者たちを追悼しました。

この日は約20万人の日本人とアメリカ人が命を落とした沖縄戦77周年になる日でした。

激しい地上戦の最後の場所である糸満平和記念公園で追悼式が行われた。

今年は沖縄が戦後アメリカ支配から日本に返還されてから50周年になる年でもあります。

米軍訓練の強化に対する懸念が高まる中、国民が平和を祈った。海外で軍事的緊張が高まった。

沖縄県政府と県議会が主催したこの行事は新種コロナウイルス感染症(コロナ19)ファンデミックの中で参加者を327人に縮小した。 毎年開催されるイベントには通常5,000人程度が参加します。

岸田文夫首相は社会活動制限が緩和され、3年ぶりに日本首脳が参加した最初の行事だ。

参加者は正午にしばらく沈黙を守りました。

デニー玉木沖縄知事は平和宣言文でロシアのウクライナ侵攻が1945年、沖縄県での「地上戦闘の記憶を思い出させる」と話した。

彼は言い​​表せない衝撃だ。

玉木氏は、「Nuchi du takara」(宝物よりも重要なのは生命)という地元のフレーズを次の世代に伝えることを約束しました。 沖縄の人々は住民4人のうち1人の命を奪った激しい地上戦を覚え、このフレーズを大切にします。

知事は、戦争で被廃されたウクライナでできるだけ早く平和が回復することを望む沖縄の考えを表明しました。

玉木氏は現在、沖縄に米軍基地が集中していると強調した。 県は国土面積の約0.6%を占めていますが、日本の全米軍施設の約70%を占めています。

彼は「ここの住民は基地の大部分を受け入れなければならない過度の負担を抱いている」と話した。

彼は宜野湾にある米海兵隊飛行場Futenmaを名護(Nago)の平野地区に移転するプロジェクトを放棄するなど、基地の議論となる問題を中央政府に迅速に解決するよう求めた。

しかし、キシダは住所で以前のプロジェクトについて言及していません。

続いて「基地の負担を一つずつ取り除く可視的証拠を着実に収集する」と話した。

代わりに、岸田は県の経済を促進するための彼の決議を強調し、地理的特性を引用しました。

「私たちは沖縄の潜在力を達成し、「強力な沖縄経済」を実現するために、修正された沖縄発展のための特別法を最大限活用して沖縄を広報するために努力します」と彼は言いました。

沖縄の記念日には、記念公園にある平和の礎石記念碑をはじめ、多くの人が沖縄の記念日の朝早くから県全土の記念碑を訪れました。 彼らは戦士のために祈りました。

記念碑には、命を落とした人々の名前がリストされています。 今年55人の名前が追加され、合計241,686人の名前が石に刻まれています。

READ  ★今日の[강추 결산]LIFULL、DCM、ウィルG(9月18日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close