世界

法廷闘争はトランプのガラス? 三浦瑠麗さんに尋ねた勝敗確定までの今後のポイント(1/2) | AERA dot(アエラ点)

国際政治学者の三浦瑠麗さん(c)朝日新聞社

大接戦となった米国大統領選挙。 まだトランプとバイデン氏のどちらが勝利するか確定していないし、メール投票の処理を巡って両陣営の攻防が続く。 異例の選挙戦について、国政政治学者三浦瑠麗さんのインタビュー。 勝敗確定までどのポイントになるか、専門家の診断を聞いた。

[다른 컷]モナリザのような笑顔の一枚。国際政治学者の三浦瑠麗さん
* * *
– 驚くべきことに、まだ勝者が決まっていません。 米国大統領選挙では、一方が敗北を認め、他の方が勝利宣言をする流れが慣例だが、両陣営に、その動きは見えません。

現在(韓国時間2020年11月5日の夕方)で両者が敗北を認めないのは当然です。 メディアの国別の休暇裏返したりしてますからね。 今回のメール投票を導入したのが味がなかった。 開票作業をいつ開始するか、いつまで到着分が利用可能かなど週ごとに細かいルールが異なります。

– メール投票が導入されることによって、今まで大きくリードしていたの時点で郵便による投票の投票が大量に計算され、突然形勢逆転現象が起きています。 トランプ支持者たちは、「選挙を盗まれた」と不満を吐露しています。

普通選挙では、もし、開票が表全体の70%だとし、残りの30%は、どの地域の投票が、今後熱かわかっています。 地域ごとに候補者がどのように強い柔らかいかも知っている。 開票が100%に到達する前に、その国の勝敗が確実に予測できることです。 候補者も納得するでしょう。

ところが、今回の郵便投票を通じて、残りの表の中で、いつどのように多くの表がどのような割合で、自分に入ってくる分からないことです。 そうなると、敗北を認めていない方がいいのは当然です。

現在アリゾナでトランプが猛追していると報道されて、ペンシルベニア州バイデン氏が追いかけています。 開票作業に時間がかかるため、トランプも敗北を認めていないものであり、バイデン氏も同じような状況であれば、認めていないことです。

– トランプ陣営一部の激戦州で開票作業の禁止を求める訴訟を提起しています。 ジョージ・ブッシュとアル・ゴアが戦った2000年の大統領選挙のようになるではないかという声もあります。 両陣営は大きな票田フロリダ集計をめぐり、1ヶ月以上の法廷闘争を繰り広げ、最終的に連邦最高裁判決によってゴアが「同意することができませんが、受け入れる「敗北宣言をしました。

トランプもバイデン氏も、現在の敗北を認めるという点は同じですが、訴訟の姿勢は違うと思います。 バイデン陣営どの勝つ可能性がある事の決定し、訴訟について判断することです。 その点は、2000年ゴアのような行動原理と呼ばれます。

したトランプは現実を把握より見かけ上「従事」であれば、政治闘争に持って行こうとしている。 徹底的に争う傾向を見抜くことができます。 これらのトランプのキャラクターは「前代未聞」です。



次のページ

最高裁まで搬入する場合トランプが有利?

READ  「むしろトランプ以上」中国通のバイデンも「中国包囲網」という危険な戦略日本は、この包囲網に参加できるかどうか| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close