理科

泡とリングの二重構造、双子座の惑星NGC 2392 | sorae宇宙のポータルサイト

惑星「NGC 2392」(出典:X-ray:NASA / CXC / IAA-CSIC / N.Ruiz et al、光学:NASA / STScI)

ここでは、「双子座」の方向約6500光年の惑星「NGC 2392」(Caldwell 39)です。の中心部にある星の恒星風吹きされた物質で作られた内部の泡構造と彗星がたくさん並んでいるような放射状に伸び、外部構造を持っており、1万年程度の時間をかけて、このような姿になったと見ることができます。 赤、緑、青は可視光線に把握星雲の構造を中心付近の紫は、X線観測された100万度の高温ガスの分布をそれぞれ示している。

惑星は超新星爆発を起こさない太陽のような比較的軽い星この赤色巨星になった頃周囲に放出されたガスによって形成された天体されています。 赤色巨星を経て白色矮星へと進化していく熱い中心星が放出する紫外線によってガスがイオン化して輝いていると考えることができます。

ところが、特徴的な天体には呼び名がついているものがあります。例えば、乱視星雲 “M42”オリオン座にあることから「オリオン星雲(英:Orion Nebula)」として知られており、水瓶座の惑星「NGC 7293」「らせん星雲(英:Helix Nebula)」とも呼ばれます。

NGC 2392の場合フードをかぶった北極ウォンジュミンルル連想させるとして「エスキモー星雲(英:Eskimo Nebula)」としたが、NASAは2020年8月に「エスキモー」は、植民地時代の人種差別的な側面との用語であり、ほとんどの公式文書で既に使用されて消えてしまったと今後エスキモー星雲という通称を使用していことを明らかにしました。

NASAは同様に、今後利用しない通称で、乙女座銀河団の相互作用銀河「NGC 4567」と「NGC 4568」ニックネーム「シャム双生児銀河(英語:Siamese Twins Galaxy)」を持っており、今後も多様性、公平性包括努力の一環として、好ましから袋意味を含む通称や用語の問題に引き続き取り組むています。

先頭の画像“ハッブル”宇宙望遠鏡とX線観測衛星“チャンドラ”による可視光とX線観測データをもとに作成されたもので、2013年7月11日に公開されています。

画像クレジット:X-ray:NASA / CXC / IAA-CSIC / N. Ruiz et al、光学:NASA / STScI
出典: チャンドラX線センター / NASA(1) / NASA(2)
文/松村武宏

READ  豊島&ティー公式ブログ -[10 월 6 일]火星が地球に大接近 - Powered by LINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close