トップニュース

津波被害学校、追悼の場所に開校

津波で被害を受けた日本の北東部の小学校遺跡が死者を追悼して、災害の教訓を伝えるために一般に公開されました。

2011年の地震と津波で宮城県大川小学校で84人の生徒と教師が死亡しました。

石巻市は日曜日に市保存した被害の学校を中心に追悼施設の開館式を行った。

遺族と市職員が黙祷をして花を置いた。

訪問者は庭で2階建ての校舎全体を見ることができます。 歪曲された接続通路と露出された鉄筋は、津波の威力を示しています。

市はまた、関連する物品を展示するために博物館を建設した。 展示された時計は、津波が発生した時間と推定される午後3時37分に停止した。 子供が使用する一輪車も展示されています。

他の都市から来た30代の女性は、そのまま保存された光景を見て、胸が痛かったと述べた。 彼女は、災害に対する人々の経験を学習して生命を保護するために努力したいと言いました。

石巻市場斉藤正美は大川小学校を、さまざまな視点を持つ人々に様々な感情を呼び起こすところだと説明しました。

彼は犠牲者の家族や観光客の声に続く耳を傾け施設が津波の教訓を渡すことができようにすると言いました。

READ  IOC副:日本が緊急状態にあっても、東京オリンピック開幕

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close