スポーツ

活力を取り戻したカンは、インドの旅行を奨励した後、日本ゴルフツアーに戻る

活力を取り戻したRahil Gangjeeは、インドのゴルファーが、ほぼ5ヶ月ぶり​​に日本に帰ってきて、ゴム的な旅行を終えて、今週Token Homemate Cupで良い結果を期待する。

2018年4月、日本ゴルフツアーでパナソニックオープン選手権で3年ぶりに優勝したカンはツアーの完全なプレイ権を獲得した後、継続して全国で取引をしています。

しかし、2020年のシーズンがコロナ19伝染病に苦しみながらアジアツアー2回優勝者はベストフィニッシュ37位、利点ランク74位ツアーで、3つのイベントのみプレイすることができました。

ジャパンゴルフツアーの2020年に短縮シーズンが2021年に延長されました。

42歳のカンは、昨年12月から3月まで、インドで開かれたPGTIに三回出場して二回トップ10とトップ20を記録した。 “昨年11月からPGTIイベント再開はそのような選手たちに大きな祝福でした。 私プレイする他のツアーのアジアツアーは、その期間中にイベントがなかったからです。 PGTIでイベントをプレイできる機会を持つようにされたことに感謝いたします。

“好きなだけ練習することができますが、トーナメントは焦点と感じが常に異なります。 PGTIでプレーはプロゴルフのこれらの重要な側面に続く連絡することができました。 ”と付け加えました。

インドの間コルカタ出身のGangjeeはデリーに住むコーチAjai Guptaの注意深い雪下スイング作業を行う時間を獲得しました。

“私はスイングで、いくつかの重要な調整をしており、7人で構成され、日本での多忙なスケジュールで、長く彼に会わないのでコーチAjaiの身体的存在で行うことができるということが重要でした。 6月までのイベント。

“デリーでコーチと一緒に過ごした数日はスイングの変化が進行中のプロセスであり、定着するまでに時間がかかっても、かなり安心しました。 日本のグリーンにすばやく適応することが今最も重要な要素になります。 「追加されました。

(このストーリーは、Devdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  オリックス飯田知ったボール重量/こんにちはプロ野球 - 野球の国で - 野球コラム:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close