経済

活動家たちは、280億ドルの東芝の入札、企業や市場のニュースと主なニュースとして、日本での活動を開始します。

TOKYO•Toshibaのサプライズ買収は、わずか数年で概ね無力視聴者から王に転換した活動家、投資家の日本企業の影響力が大きくなっていることを明らかに示しています。

CVC Capital Partnersの提案はまだ初期段階にあるが、Toshiba最高経営責任者であるNobuaki Kurumataniが画期的な株主投票で敗北して、昨年の年次総会で投票に関連する問題について独立した調査を強要してからわずか数週間で出ました。

その損失は、昨年の会議でようやく再選で勝利していないクールマタ君に圧力をかけて、他の人は耐えられないものと思われる。 この投票は、Toshibaの最大株主であるシンガポールに拠点を置く秘密ヘッジファンドEffissimo Capital Managementがきっかけでした。

Toshibaと、すべての取引は、法的障害に直面しており、アナリストは、Effissimoのような投資家が火曜日の終値でかなりのプレミアムを要求するだろうと言います。 しかし、エピソードは日本での活動主義の影響力が否定しにくくなっていることを示しています。

シンガポールのUnited First Partnersのアジア研究責任者であるJustin Tangは「前に誤った夜明けがありました。」と言いました。 “しかし、今は行動主義が位置します。”

柔軟な筋肉

東芝幹部によると、CVCは、その買収提案で週約5,000円を提示したという。 ブルームバーグが集計したデータによると、このレベルの入札は、東芝の価値を約2兆2,800億円(280億ドル)で評価して入札のニュースが出てくる前の最後の終値に比べ31%のプレミアムを表します。

それは2013年以来最大のプライベート・エクイティ主導の枚数であり、記録上CVCの最大の買収となります。 東芝取締役会は、提案を検討するために、特別委員会を構成する計画だと明らかにしたことがある役員は言った。

取引進行されるには多くの障害がありますが、東芝の株価は水曜日、東京での終値で一日18%上昇した週4,530円を記録しました。 株価は昨日5.7%上昇した。

日本のコーポレートガバナンスの専門家であるNicholas Benesは「所有権を簡素化し、会社をプライベートすることにより、ガバナンスを明確にすることで、かなりの価値が創出されるだろう」と述べた。 「正確にはそれのために、誰かがこれ東芝が他のPE(プライベート・エクイティ)会社との戦略的買収者たちによって、他の入札に開放されている場合になる非常に望むことです。」

株主価値を促進する企業支配構造改革は、経営陣が、もはやそのような圧力を無視することができないことを意味するので、活動家、投資家たちは、ここ数年の間に日本でますます力を得ています。 東京ドームは活動家、投資家のオアシスマネジメントの圧力を防ぐために、昨年白騎士が買収した後、今月に上場廃止される。

かつて日本で有名な名前だった東芝は、長年の経営ミスや詐欺、会計スキャンダル以降栄光時代以来、劇的に消えました。

この大企業は、30年前に、フラッシュメモリを発明したが、2018年には、原子力営業損失のために貴重なチップ事業のほとんどを売却しなければならいました。 その取引は、現金の流入につながったが、より多くの声を出す株主にも大きな影響を与えた。 先週、シンガポールのファンド3D Investment Partnersは経営陣に提案をすることができると言った最近の投資家になって株式を7%以上に増やしました。

マッコーリーグループのアナリストダミアン通は「このような性格のすべての成功は、おそらく雪だるま式に増えて、より多くの活動につながる」と述べた。 「日本の産業基地のかなりの部分が非効率的に運営されており、日本の大企業の過小評価につながっている」と述べた。

KIOXIAオプション

Toshibaに開かれた質問の一つは、以前のメモリチップ部門であるKioxia Holdingsがまだ最大の株式を保有している未来です。 Kioxiaはこの夏に企業の価値を美化360億ドル(S $ 483億)以上で評価することができる最初の公募で上場することに焦点を当てているとBloomberg Newsは先週報じた。 また、マイクロンテクノロジーとウェスタンデジタルも、この会社の買収に関心があるとウォールストリートジャーナルが報じた。

ToshibaがKioxiaの合理的な市場価値を確保してコアビジネスが日本企業と同様の排水を集めている場合Thongは1兆円以上の株主価値の創出の範囲を見ることができると述べた。 これは東芝の株価が一株当たり6,500円以上でCVCが本あたり5,000円で提供されることを意味します。

LightStream ResearchのMio Katoは現在の条件で取引進む可能性が低いと見て状況がどのように発展するかによって、短期的にToshiba株の変​​動性があると予想されます。 東芝の株主は、特に活動家たちは、むしろ「急な価格」を望むと彼SmartKarmaに投稿されたメモで書いた。

難破した福島第一原子力発電所の解体に深く関与していることを含めて、東芝の複数の事業への感度を考えると、この取引について、政府の承認が必要になるだろうと加藤甲信閣僚が水曜日発表した。

CVCのような外国企業が東芝を掌握することができているのかも不明である。 CVCとToshiba幹部との間の関係(元日本社長のKurumataniと会社にまだ雇用された藤森義明社外取締役)も目を覚ました。

「これは単にKurumataniのための時間を稼ぐための試みであることができる」とKatoは言った。

ブルームバーグ

READ  「5G機号プレミア」と「ahamo "の違いで見られた2021年の携帯料金競争(佐野正弘) - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close