entertainment

浜崎あゆみ、初のオンライン「a-nation」で堂々と主人公「絶望部作 “の連続フル歌にファン感激| ORICON NEWS

歌手浜崎あゆみが29日、このベックスによる史上初のオンラインフェス「a-nation online 2020」に出演。 初めて「絶望三部作」をフルサイズリリース順に披露するなど「a-nation」通算17回目のヘッドライナーを堂々と飾った。

[사진]その他の写真

「a-nation」は、2002年の第1回、今年で19回目を迎える国内最大規模の音楽フェスティバル。 新型コロナウイルスの影響で、今年は、アジア各国の舞台で開催される「a-nation」初のオンライン公演されている。 全5段階(有料3段階、無料2段階)に、合計100組以上のアーティストが出演した。

午後9時30分を迎える開幕漢と思ったが、クッキー!野生爆弾)が制作したオープニング映像が放映されているサプライズで開始します。 独自の世界観を前面に突出した鼻ミカル映像を見たファンたちは意外なコラボレーション開幕戦でびっくりあった。

浜崎はキラビジャかの衣装を着て、ヘッドライナーの品格十分颯爽(活発な)に登場。 開幕は小室哲哉氏が作曲した新曲 “ed a Dream」をライブで初披露。 続い画面の向こうで見守るファンに “行くよ、a-nation!」と扇動した曲の勢いそのままに「Startin ”を力強く歌った。

シックな装いで舞台に戻ってきた浜崎。 ここで、 “絶望部作」と呼ばれる2000年にリリースさヒット曲「vogue」「Far away」「SEASONS」を連続的に歌った。 彼の最初のフルサイズのリリース順に披露し、これに注意ファンは “絶望三部作は、エモい” “セトリが神わずか泣きそう」「絶望部作をすべて歌は” “この流れは、危険である!」と感激のコメントが相次いだ。

この日の衣装は3ポーズ。 明るい色が印象的な浴衣を着て「Greatful days」「independent」など、まさにヒット曲満喫メドレーを披露した。

最後に、浜崎は「2020年の夏は本当にたくさんの思い出、皆さんと一緒に作ることができてうれしかったです。ありがとうござまた.a-nation!最後にこの歌聴いてください」と恒例の「July 1st」でライブを締めくくった。 無観客も普通に舞台左右中央観覧席に向かって「ありがとうございます!」と感謝を伝える舞台裏スクリーンいっぱい花火の映像が流れ、夏の余韻を残しつつ、イベントの幕が下された。

■各コメント

・浜崎あゆみ
今年は例年とは異なる形態のa-nationだから、どのように伝わると、最初は悩んでいたが参加させて頂いて再度、やはり舞台にかける情熱と心は何一つ変わらないことを感じることができました。
また、自粛期間中、様々なことに触れる機会があった中でクッキー! さんの優れた創造的能力に大きな衝撃を受けて、直談判でオープニング映像を作るのお願いをささげところ喜び受けて唯一無二の映像を作っていただきました!
最高の夏の対決を皆さんとすることができたと思います!

クッキー!
空中にの方が様に私のような土地のベータが要求されることなどであるわけでもないこと。
まだ脳が眩んでしようとします。
生き続ける正解おられました。


READ  King Gnu気迫の性能に魅了最初のオンラインライブ(ライブレポート/写真27枚) - 音楽ナタリー

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close