エンターテインメント

浜崎あゆみ「FNS歌謡祭」で謎演出!顔を照らさないカメラに「NGですか?」 – まいじつ

画面/彩賀有(C)まいじつ

12月2日に放送された「2020 FNS歌謡祭第1夜」(フジTV系)に出演したカリスマ歌手の浜崎あゆみの視聴者から「ある違和感」を指摘する声が相次いだ。

浜崎が登場したのは、20年以上のキャリアの中で意外に初の日本語タイトル曲バラード「オーバイア木 “真っ白華やかなドレスに身を包み、ダイナミックな声を披露した。浜崎は現在第二子妊娠中であり、この曲が私たちの子供のために新たに書かれていることもあり、感情が込められた舞台が、カメラはイントロから引く角度でせっかく心を込めた顔はほとんど見えない。

衣装が光るので、全身を見せたい意図もあるかもしれないが、カメラは頑固にハマサキウルアップでない。 集まったとしても上半身までに、盛り上がりの錆生の角度は徹底している。

以前から行われている浜崎あゆみの謎演出

この謎演出、ネット上には

「久しぶりにあゆの顔を見たい画面は報告していたが、一度も接続しません回るよ…なぜ?」
「浜崎あゆみの顔がまた奇妙なwカメラアップされず、 “
「顔をアップにしていないのは、オフィスNGなのか。心近づいたと思ったら、マイクを持った手で顔を隠すように歌ったり上や横を向く」
「あゆ全く顔アップしていないんじゃないの」
「うん?浜崎あゆみの顔がほとんどアップされなかったような?」
「あゆは今の顔をアップで映しちゃいけないのだろうか」

などの声が殺到。 しかし、これらの押された方法は、実際に、以前にも行われているものである。

「8月に放送された「2020FNS歌謡祭夏」(フジTV系)でも浜崎はスタジオ後方という遠巻き場所で登場。バックダンサーと一緒にしか映らず、浜崎が一人で歌う映像に切り替え場面は皆無でした。浜崎舞台最前列に立っているではなく、また、バックダンサー浜崎より前では場面も目立っています。理由はいくつかありますが、ここまで徹底されているあたりアップ “NG”なのです。」(芸能ライター)

歌唱中、インターネット上で「インスタンスの加工がバレるからFNS歌謡祭で最大の映像がありませんでしなw」との声もいただいていたこの演出。 果たしてその真意は…

[함께 읽고 싶은]

READ  防弾少年団、2021年に日本最大の1週間の販売記録...一日に

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close