海兵隊は11月に3つの海兵沿岸連帯のうち2番目に公式に創設される予定です

1 min read

陸上戦、海戦

海兵隊は11月に3つの海兵沿岸連帯のうち2番目に公式に創設される予定です

まもなく第12海兵沿岸連帯となる第12海兵連帯所属海兵隊が日本沖縄で開かれた指揮権変更式で通過及び検討を行っている。 (米海兵隊の写真:Lance Cpl. Alyssa Chuluda)

ワシントン – 海兵隊は来月、日本に駐留した第12海兵連隊を海兵沿岸連帯に再割り当てする準備ができており、これはForce Design 2030の進行に期待されるが象徴的に重要なステップを踏む予定です。

「再指定は、現代のグローバル安全保障環境の挑戦に効果的に対応する準備ができており、海兵隊のグローバル雇用における連帯の役割に対する証拠として役立つ軍隊を設計しようとする海兵隊の約束の次の歴史的な章を表示します」とサービスは今日の声明によって言った。

11月15日に行われる名称変更は去る1月、米国と日本が締結した協定によるもので、これにより日本は公式に2025年までに第12海兵沿岸連帯を沖縄に駐留させることに合意しました。 米国との協定は別の方法でした。 中国の影響力を牽制しようとする目的で、日本政府が国防費支出と力量強化を目指す多様な計画を発表してからしばらく出てきました。

海兵沿岸連帯の創設は、現在の退役司令官であるデビッドバーガー将軍が始めた海兵隊のさまざまな側面を変化させるための包括的な努力であるForce Design 2030から始まるサービスに対する重要な変化です。

既存の連帯は約2,000人の海兵隊を900人規模の3つの大隊に分け、新しいMLRは75~100人からなる小規模グループを引き受け、任務に応じて戦略的に配置します。 新しいMLRはまた、MQ-9Aリッパー、海軍海兵遠隔船舶遮断システム、および地上/空中ミッション指向レーダーを含む、サービスの最先端技術のいくつかを使用する予定です。

名前の変更は、バーガーが在任中にしばしば大衆の批判を受けたにもかかわらず、海兵隊司令官として新たに確定したエリック・スミス将軍が前任者の核心プロジェクトであるフォースデザイン2030を続けるというシグナルであるため、象徴的でもある。 海兵隊は3、12 MLRのほか、海兵4連隊を海兵沿岸連帯4に再指定する計画だが、まだ具体的な日程は発表されていない。

Force Design 2030のBreaking Defenseのプレスリリースをよく読んでください。

まもなく第12海兵沿岸連帯に名称が変更される第12海兵連帯は現在10月下半期まで日本全域で行われる訓練であるレゾルートドラゴン(Resolute Dragon)訓練に参加している。

「Resolute Dragonの間、第12海兵隊はMLRのために設計されたのと同様の方法で配置されます。今日は海兵隊の声明によれば同盟国の能力」と明らかにした。

READ  Susan Millerの毎月のニュース — 2022年7月
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours