経済

海外に拠点を置く日本企業の55%がウクライナ危機の影響を受けました。





2022年3月26日ウクライナ西部リヴィフの石油貯蔵施設で燃えるわずか黒煙がロシアとの戦争でミサイル攻撃を受けた後、急上昇しています。 (刑務所)

TOKYO(Kyodo) – 海外に拠点を置く日本企業の55%がロシアのウクライナ侵攻で事業運営に影響を受けたり、影響を受けると予想していると日本人材会社の最近の調査が示した。

3月中旬、Pasona Group Inc.が10カ国の699社の日本企業を対象に実施したオンラインアンケートによると、フランスを拠点とする企業が何らかの影響を受けたと回答した92.3%で断然最大の影響を受けたとのこと。登場しました。

調査に含まれた唯一のヨーロッパ諸国としては、マレーシア(72.0%)、シンガポール(66.7%)が続いた。

海外企業の55%のうち、43.2%は紛争の影響をすでに感じていると答え、22.7%は1カ月以内、26.8%は3カ月以内と予想した。

43.2%の中で最も言及された影響は、石油、化学、金属を含む原材料コストの急上昇でした。 物流費とエネルギー価格の上昇が続いた。

小売および卸売部門の人々も包装配送の遅れを述べ、貿易会社はロシアへの侵略に対する欧米諸国の経済制裁が未収徴収に問題を引き起こしたと述べた。

調査対象の日本企業の34.6%だけが対応措置を取ったと答えた。 具体的な段階としては、客観式の質問として情報収集を挙げた企業が54.3%で最も多く、在庫確保が32.5%、協力会社選定が23.5%と続いた。

インドの製造会社が行った具体的な措置には、製品価格の引き上げのための交渉の開始が含まれ、香港の貿易会社はロシアの顧客との取引条件を検討していると述べた。

3月11日から16日までの調査対象国は、米国、フランス、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、インドでした。

製造業が43.6%で最大の企業集団を構成しており、貿易会社が20.7%、卸小売業が9.9%と続いた。

READ  アリゾナ鉱山は保存と文化に対抗し、経済や電気自動車をピットの戦い

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close