海外ソーシャルメディアポスター、日本内のクルド族憎しみを負債する

1 min read

自分をタイフン(Tayfun)と呼ぶ34歳の男性が、4月3日にオンラインインタビューが行われた正確な視覚コンピュータ画面に現れた。

彼は、トルコで彼のソーシャルメディアの投稿が日本でバンクルドの感情を助長したのか、そしてなぜそうしたのか朝日新聞に知らせることに同意しました。

日本内のクルド族に対する差別は、特に埼玉県川口市でソーシャルメディアに憎悪いっぱいの投稿が増え、さらに激しくなった。

しかし、口コミに乗って広がる多くのバンクルドメッセージは、日本外から流入しています。 そしてTayfunのようないくつかのポスターは、彼の本当のアイデンティティを完全に歪ませます。

タイパンは7ヶ月前にXに載せた投稿に日本語で「日本はクルド族の祖国だ。 私たちはゲストではなくホストです。 公式言語はクルド語でなければなりません。

インタビューでタイフーンは自身が「日本に行ったことのないトルコ人」であり、イスタンブールで情報技術産業に従事していると話した。 彼はXで日本​​に住むクルド人の居住者のように偽装したと認めました。

彼のメッセージは繰り返し再掲され、いくつかの外国人嫌悪反応を呼び起こした。 一部では「クルド族は怖い」と一般化し、一部ではクルド族を日本から「追放」しなければならないと主張した。

Tayfunはその反応がまさに彼が望むものだと言った。

昨年9月、彼はXを通じて日本内クルド族について知ることになり、彼らの中にはクルド労働党(PKK)支持者もいるという主張も発見した。

1923年に設立されたトルコ共和国は、厳しいおとぎ話政策を採用しました。 これに反対するために組織されたPKKは、分離と独立を追求している。 トルコ政府はPKKをテロ組織に指定しました。

Tayfunは「日本人に警告を発令しなければならない」と思うと言いました。

彼はGoogleの翻訳を通じて半減を招くために日本語で少なくとも180の投稿を書いた。 そのようなメッセージの一つは、「クルド人が日本に武力を行使するだろう」と主張する。

彼のコメントは予想以上に広くなり、彼はいくつかの投稿を削除しました。 「君たちの国に帰ろう」など敵対的な答えを受けた。

Tayfunは、「私がトルコ人としてコメントした場合、私の活動はそれほど多くの関心を受けていないでしょう」と思い出しました。 「苦い薬がより効果的です」

過去の投稿では、TayfunはXにトルコ語で次のように書きました。 「日本人はとても素朴で、すべてを信じています。 Xの影響力のあるアカウントは、必要に応じて日本のアジェンダを設定できます。」

日本のクルド族居住者について日本語でメッセージを投稿した海外人はTayfunだけではありませんでした。

あるアカウント所有者は、「嘘をつくクルド人を日本から出て行く」と呼びかけた。

該当ポスターには彼が韓国に居住する27歳のトルコ労働者だと朝日新聞が伝えた。

「日本に住んでいるクルド人の人々がトルコのイメージを傷つけています」と彼は言いました。 「この問題を解決するには、何か対策を講じる必要があると思いました。」

Xのもう一つのアカウントには「私たちクルド族が日本の規則を定める」という文が上がってきた。

該当利用者は、朝日新聞に自分がイラクに居住するクルド人男性だと伝えた。

彼は該当文を載せた理由について日本に居住する親戚が「クルド語で歌って暴行された」というニュースが伝えられたため、日本に「怒っている」と話した。

クルド人は独自の言語と文化を持ち、トルコ、シリア、イラク、イランにまたがる地域に住んでいます。

彼らは差別と抑圧を受けています。

クルド人は1990年代から日本に入ってきました。 現在、トルコ国籍を持つ約3,000人のクルド人が、東京の北都市である川口のような地方自治体に住んでいます。

日本の多くのクルド人は暫定拘禁から解放され、難民申請の決定を待っています。

朝日新聞は、ソーシャルメディア分析ソフトウェアであるBrandwatchの助けを借りて、昨年3月にXで日本のクルド人に対する投稿と再掲40,000個を発見しました。

出入国管理及び難民認定法改正案が議論された4月にはその数が24万人に急増した。 変更の1つの目的は、難民申請が係留中であっても外国人滞在者を追放することでした。

7月には、川口でクルド族間の戦いでカルブリーム事件が発生した後、投稿と再掲物数が108万件に達しました。 事件が発生すると約100人余りが医療機関の前に集まった。

今年3月には242万人に達した。

日本クルド族文化協会は去る3月メディアの石井高明が自身のオンライン投稿を通じて日本に居住するクルド族の名誉を繰り返し毀損したと主張して訴訟を提起しました。

石井はXのフォロワーが17万人だ。 彼は自分を「クルド人関連問題を報告した」最初の人だと紹介する。

石井は朝日新聞の調査について「私は決してクルド族を拒否しようとしない」と話した。 「日本人は差別をほとんどしません。」

続いて「この問題は差別と共存についての議論よりもはるかに先に議論されなければならなかった。 大衆媒体がクルド族が起こした問題と不法行為を苦軍奮闘する川口市民に報道しないため、一般国民が声を高めているという点だ。

インターネットと愛国心についての本を執筆したジャーナリストの安田孝一氏はこう主張しました。 「クルド人の脅威は1年も経たないため、ソーシャルメディアを通じて形成されました。 加速速度は前例がありませんでした。」

6月、主に米国とイギリスで活動している非営利団体は、Xが有料ユーザーが作成した憎悪投稿の99%に対して措置を取らなかったという調査結果を発表しました。

調査結果によれば、視聴回数に対する投稿の優先順位を決めるプラットフォームのアルゴリズムが有害なコメントを増幅していることがわかりました。

インターネットで表出された嫌悪が現実世界に染み込んだのだ。

4月28日、川口などで100人余りがデモを行った。 吊り幕のひとつには「日本とトルコの友好を破壊するクルド族在留者を追放せよ」というフレーズが書かれていた。

川口のあるレストランを運営するクルド人の運営者は、「日本から出て行け」と叫ぶ人々から迷惑な電話を受けると話した。

川口市役所には「クルド族を送還せよ」という要求電話が400通以上受付された。

クルド族支援団体は「クルド族虐殺を祈願する」という内容のメールを受けたことがある。

日本で20年間住んで自分の事業を運営するクルド族男性(32歳)は「このように悪いことを経験したことがほとんどない」と話した。

川口のある食料品店の所有者は、クルド人は20年以上にわたって彼女の顧客の1つだと言いました。

彼らは最初に彼女の店の前の通りにゴミを捨てた。 しかし、彼女はジェスチャーを使用し、不器用なクルド語を話し、彼らと通信し続けました。

今、彼らはお互いを名前で呼びます。

「なぜ知らない人が「私が」と言えますか?」 彼女は言った。 「ソーシャルメディアを通じて広がるいわゆるクルド族問題は、私にとっては想像の世界に関する話のように聞こえます。」

彼女は「私にとって私の前にある日常は現実だ」と付け加えた。

READ  ブロックチェーンがアフリカを変える 
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours