技術

海外IT企業7ヶ所日本未登録過怠料賦課

法務部は、ついに忍耐が底をついて日本に登録するのに少しでも関心を示さなかった7つの海外情報技術会社を処罰するよう裁判所に指示しました。

7月1日に取られた措置は国防部の最初の措置だった。

産業部は昨年12月と去る3月に48の海外IT企業に対して企業法上登録義務化を通知した。 両社は日本で通信事業を運営するという通知書を通信部に送ったが、登録をしなかった。

その中にはIT大物Google、FacebookやInstagramの運営者であるメタ、そしてTwitterがあります。

3社が登録意思を明らかにしたため、罰金を科す7社には含まれなかった。

会社法は、日本で事業を行う海外事業者が外国法人として登録し、この国のすべての事業を担当する現地代理人を任命しなければならないと規定しています。

登録を要請された最初の48社のうち2社はその後日本で廃業しました。

残りはほとんど登録シミが見られず、教育部は6月の要求を無視すると過怠料が課されるという案内文を送った。

7月1日までに8社が登録手続きを完了するか、申請書を提出しました。 他の31人はこれに従う準備ができたと言いました。 7月22日までに登録を要請しています。

7社は国防部の繰り返し要請を無視し続ける場合、それぞれ最大100万円(7400ドル)の罰金に処せられる。

外国企業の登録は、ソーシャルメディアを通じて広がる誹謗やその他の不健全な行為の被害者を助けるためのものです。

被害者は、有害なゴシップを広める人々に関するデータを取得するために、裁判所に会社情報を提供する必要があります。 しかし、日本に会社が登録されていない場合、個人は海外本社から関連情報を得るために時間と費用のかかる戦いをしなければなりません。

(この記事は田内小介と杉山あゆみによって書かれています。)

READ  日本のKioxia、以前Toshiba Memory、9月にIPOの目標 - レポート

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close