理科

海底には「愛の波」が漂っていた! 地球の鼓動=謎の「ラブ波」の研究に進展…やはり地球自体が生きている!? – TOCANA

地球の海底で「愛の波動」が鳴りますいる – 。 私たちの地球は脈拍、鼓動しているかもしれないということだ。

■謎の表面波 “ラブ波」の原因は?

いくら強い地震が起きても振動も伝わってこなければ、大きな被害には至らないような気もするが、そう問屋勝手はない。 地球の表面に沿って伝播する「表面波」して地震は広い範囲に影響を与える。 そして、地震だけでなく、火山活動と嵐でも表面波は発生、地球の表面を、複雑な「波風」で覆っている。

例えば、嵐の海を妨害する風に吹かれて生じた波がユニークな方法で相互作用して、海底にピストンのようにぶつかる圧力を作成地球を介して世界の隅々までさらさら微妙な脈動を生成しているという。

地震波と海洋嵐の関係は学者たちの間で、数十年の難題(conundrum)としているが、米国スタンフォード大学の地球物理学者ルチア区アルティエリ教授チームはこの謎に挑戦研究を2020年9月に「Proceedings of the National Academy of Sciences」に発表した。

「Phys.org “の記事より

地震による海面の表面波は非常に一般的な現象であり、しかも混乱のため、地震学者たちは長い間、この無視してきたことが分かった。

しかし、過去15年の間に旧アルティエリ助教授の研究チームは、このノイズの多いデータから意味を抽出する方法を発見した。 波のペア1つの地震観測所で、他の地震観測所にどれだけ速く動くか分析することにより、これまでノイズ処理されて、データを収集し始めたのだ。

表面波は、レイリー波(Rayleigh wave)とラブ波(Love wave)の2種類がありますが、科学者たちは、数十年の間に、レイリー波が海洋嵐の脈動の垂直運動の主な要因と理解している。 しかし、これまでの理論では説明できない海洋嵐の間に記録された他の一連の振動があるという。 これラブ波である。 ラブ波地下の岩石粒子を左右に振っている。

「これらの波(ラブ波)全く持って、そこにする必要がありません。彼らはどこから来たのか知ることができません」(旧アールティエリ助教授)

1911年に英国の数学者・物理学者オーガスツスラブによって、理論的に証明されて、その名前にちなんで名付けたラブ波のは果たしてどこから来る表面波なのか。

READ  NASAがJunoを拡張して、船をIo、EuropaとGanymedeの探検家に切り替え

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close