海洋資源を活用した持続可能な技術を披露するスペインエキスポ展示館

Estimated read time 1 min read

東京駐在スペイン大使館は、来年日本西エキスポの展示館で海洋資源を活用した持続可能な技術を披露すると発表した。 また、何世紀にもわたって両国をつなげてきた海流に触発されます。

大使館は木曜日に発表をしました。 2025年大阪万国博覧会は2025年4月に開幕する予定だ。

大使館は、パビリオンのコンセプトが太平洋のクロシオ海流に基づいていると述べた。 乱流は通常、日本列島の南海岸に沿って南西から北東に流れる。

海流は、400年以上前に発見の時代(Age of Discovery)として知られている間、スペインの船員の航海に使用されました。

パビリオンの正面は、スペインの生活と文化の象徴である海と太陽を表現することを目的としています。 正面は青い階段とオレンジ色の円形の入り口で構成されています。

パビリオンは海底の歴史的な遺跡を保存できる技術を特徴としています。 また、持続可能な社会実現のために鳥やその他の海洋資源を活用して燃料と医薬品を生産する技術も披露する予定だ。

パビリオンには、タパスとして知られるスペインの前菜を提供するレストランがあり、その多くはメインコース料理の小さなバージョンです。

エキスポ現場に外国館の建設が予定より遅れているという懸念が提起された。 しかし、大使館は、作業が現在の速度で続く場合は、デザインを変更せずに展示館を時間通りに完成させる必要があると述べました。

パビリオンをデザインした建築家ネストル・モンテネグロ(Nestor Montenegro)は、日本とスペインの文化が歴史的に海を通ってつながってきたと述べた。 彼は海の保護の重要性を伝えたいと付け加えた。

READ  プライバシー:日本のスマートシティは、住民の地震、プライバシー保護を提供しています - 最新のニュース
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours