経済

海軍参謀総長、5日に日本訪問

R Hari Kumar海軍参謀総長は、土曜日のMalabar訓練の就任式であるInternational Fleet Reviewに参加し、両国の海上関係をさらに拡大するための会談をするために、5日間の日本訪問を開始しました。

インド海軍の最前線の戦艦2隻のShivalikとKamortaは、日曜日に相模湾で開催されるIFRに参加するためにすでに横須賀に到着しました。

IFRは日本海上自衛隊創設70周年を記念して開催されます。

インドのほか、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、インドネシア、マレーシア、パキスタン、大韓民国、シンガポール、タイ、イギリス、アメリカの海軍が参加する。

IFRは岸田文夫(Fumio Kishida)日本首相が検討する予定であり、参加国の船舶と潜水艦40隻が含まれると関係者らは述べた。

インド海軍は、クマール提督が11月5日から9日まで日本を訪問すると発表し、18日 仕事 11月7日と8日、横浜で西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)。

インド海軍の広報担当者は「IFRとWPNSのほか、彼は2022年のマラバル訓練開幕式にも参加するだろう」と話した。

クイックテンポ

関係者は「R Hari Kumar提督はIFR、WPNSおよびMalabarに参加するほぼ30カ国の他の代表団長およびその相手とも交流するだろう」と述べた。

南シナ海と東シナ海地域で中国の軍事力強化に対する国際的懸念が高まっている中、インド、日本、アメリカ、オーストラリア海軍のマラバー訓練が進められています。

関係者は、訓練は、実射撃訓練を含む複雑な地上、地下、空中作戦だけでなく、さまざまな分野で「高速」訓練を目撃すると述べた。

クマール提督はまた、日本軍と両国の海軍関係をさらに拡大する方法について協議を行うだろうと、関係者は言った。

海軍スポークスマンは「海軍参謀総長の日本訪問は、日本との高水準の二国間防衛交戦とインドの積極的な支援と多国間交戦参加を意味する」と述べた。

READ  少数の自動車、多くの顧客:自動車がインフレリスクである理由

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close