トップニュース

消された村 – ニューヨーク・タイムズ

2011年3月11日の地震と津波で、古代日本の村であるケセンが消えました。 過去10年の間に少数の生存者が地域社会を再建しようと勇敢に努力したが暗鬱な現実が開始されました。この空虚は永遠に続くものです。


KESEN、日本の – 何世紀にもこの町は、戦争と疫病、稲の種まきと収穫、植樹や伐採などの時代の流れに乗りました。

次に波が打った。 時間が止まった。 そして村は歴史ました。

2011年3月11日、日本の海岸を襲った地震と津波で岩手県ケセン村の住民200人以上が命を失った。 550軒のうち2軒を除いてすべて破壊された。

水が退いた後、生き残ったほとんどの人がつけている。 彼らは破壊された所有物、先祖の墓、先祖が複数世代の間農業を犯した土地を残しました。

しかし、15人の住民はケジェンを捨てることを拒否し、再建を誓った。 2011年以来、1年に二回The New York Timesの写真家であるHiroko Masuikeはこの町を訪問し、生存者の故郷を再建するためにあり、完全な使命を記録しました。

「私たちの祖先は、1000年前にこの村に住んでいました。」津波で息子が死んだ木こりであり、農家の佐藤出る(87)が言いました。 「その時も災害がありました。 人々が滞在するたびに。 彼らは再構築し、滞在しました。 再建されとどまった。 先祖が始めた仕事を続けなければならない義務があると感じます。 故郷を失いたくない。」

佐藤さんを含めて、残りの多くの人々は、電力や水道なく、数ヶ月の間に住んでいました。 1年の間に佐藤さんは、家の残骸にキャンプをしました。 10年の間に、彼はKesenの再誕生を夢見ました。

津波が発生した後の最初の年の日々、彼の森の中にトレッキングをし、部屋2つ星の家を再建するために使用された木材を一人で切らました。 他の二つの家族だけが、彼のインド沿っ家再建した時、佐藤さんの妻と嫁は彼の計画のムイクハムを実現彼残した。

ケセンの滞在で、選択した人々は、2011年に年齢が多かったです。 今70代、80代、90代にはまだ年齢があります。 ゆっくり過去10年の間に、この場所に暗い現実が定着しました。 帰ることができません。 Kesenは復元されません。 この空虚は永遠に続くものです。

佐藤さんは、彼の任務が無意味だという理由で辞任します。 三軒の家が建てられ、彼は以前近所の農耕地が悪化することを防いできたが、新たな住民がいない場合の村が死ぬと認めます。

“私は非常に悲しい」と話した。 「人々が戻ってこない後悔します。」

彼は、政府を非難します。 当局が町の上の高台に住宅の土地に改造するプロジェクトを完了するために、9年と8億4000万ドルがかかりました。

それから彼は遅すぎると言った。 10年前に出たほとんどの人が他の所で新しい家を作りました。 陸前高田(Rakuzentakata)時の他の近くの町とは違って、政府の資金支援を受けたが、破壊された村の上の新しい高価な地域では、お店やスーパーマーケットなどの施設が不足しています。

「今はコロナウイルスが流行したため、ここで生きるされて運が良かったです。」とSato氏は言いました。 彼は「空気がきれいで人がとても多くない」と付け加えた。

高台に豆告知社員の周辺に新たに建てられた家が数軒生じました。 時間の経過とともに構成部品がすべて交換された神話的なテセウスの船のようコンゴれる1200年の間に、コミュニティにあった同じ社員であり、2017年に完全に新しく建てられた寺院です。

何世紀もの間、神殿は1年に33個のイベントで時間を表示する地域社会のカレンダーに使用されました。 その意識は事実上中断されたが、木曜日にKongojiのシニア僧侶であるNobuo Kobayashiは追悼式のために散在している地域住民をKesen歓迎します。

小林氏は、家族が愛する人を追悼することができる場所を確保するために疲れを知らずに努力してきたが、彼は悲しみの喪以外の音に戻って響く神殿について現実的です。

「もちろん、津波前にあった寺院を再建したいと思います。」小林氏は言った。 「しかし、人々は、友人や家族を失った場所に戻るを望んでいません。 そして恐怖があります。 人々は別の津波を恐れています。」

記念日は、時間がどのように流れているか、任意であるが有用な情報です。 10年は満足できる数字だが、悲劇を測定することができる多くの数のいずれかであるだけです。

わずか数秒で子供を失った人々には、10年が永遠であると感じられるが、日本の歴史上の短い瞬間です。 研削の変化が地震と津波を引き起こした地殻プレートの10億年の歴史では、これははるかに短いです。

ケジェンこの残骸から再び立ち上がることを期待を持ったのは、長い歴史の観点です。

ロガーの佐藤さんは、次の週に88歳になります。 彼は毎朝6時に目が覚め息子と先祖の魂のために祭壇の緑茶一杯を家の祭壇に置きます。 次に先祖たちのように水田菜園の世話をします。

「30年後、ここにどのように見えるみたいです。」と彼は言った。 「しかし、その後頃、天から見つもり。 そして私はそれが可能ではないと思います。」

Hiroko Masuikeは、日本Kesenの報道に貢献しました。

READ  日本、他の7カ国がサンマ漁獲量を40%削減に同意

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close