消費不振で回復傾向が鈍化し、日本経済の萎縮

Estimated read time 1 min read

編集ダイジェストを無料でロック解除

第3四半期の日本経済は予想よりも急激に萎縮し、ファンデミック以降の回復の脆弱性をさらに浮き彫りにし、徐々に緩和措置を解決する日本銀行の努力を複雑にしました。

国内総生産(GDP)は家計消費と企業支出不振により年間基準で2.1%減少したが、これは経済学者が予測した平均0.4%減少よりはるかに大きかった。

水曜日、内閣府が発表した暫定数値によると、この数値は四半期ごとに0.5%減少したと解釈された。

日本経済は今年の最初の6ヶ月間、コロナ19大流行で反騰したが、これは主に自動車輸出の復活とインバウンド観光客の復帰に支えられたものです。

しかし、一部の経済学者は、円安と生活費の上昇によって国内消費が萎縮し、経済が活力を失い始めたと警告した。 企業は米国と中国の物価上昇と経済不確実性のために投資を保留した。

ムーディーズ・アナリティクスのステファン・アンリック選任エコノミストは「消費不振により成長傾向が全体的に抑制されるだろう」とし「来年中盤までは消費回復が難しいと見込んだ」と話した。

消費は9月までの3ヶ月間の変動はなかった。

岸田文夫首相は、今月の一時所得税と住民税を引き下げ、低所得世帯に現金を支援するなど、高いインフレによる苦痛を解決するために、1,130億ドル規模の景気浮揚計画を発表しました。

しかし、経済学者たちは、エネルギー補助金の拡大や企業の賃金引き上げ支援などを含む今回の措置が経済に最小限の支援しか与えると述べた。

昨年の夏の景気減速は、BoJが何十年も持続してきた超緩和通貨政策から抜け出すためのすでに困難な環境をさらに複雑にすることを期待しています。

数十年間のデフレ以来、予想よりも持続していることが証明されている円安と高いインフレのため、BoJは緩和措置を撤回するための圧力をますます受けています。

先月、中央銀行は7年間の長期金利上限政策を終了し、10年満期の日本国債収益率が1%以上に上がることを許可すると発表した。

ほとんどの経済学者は、BoJが遅れても来年の春には、世界で唯一の短期マイナス金利を終了すると予想しています。

米国と日本の借入費用の格差が大きくなって、円の価値は今週ドルに比べて33年ぶりに最低値に近づいています。

しかし、上田和夫BoJガバナーは先週、金融タイムズグローバル取締役会で中央銀行の全面的な扶養策を解くことが「深刻な挑戦」となり、金利の引き上げは慎重に進むだろうと付け加えた。

Angrickは、「BoJは円がもはや弱くなるのを避けたい」と述べた。 「同時に金銭的支援を早く撤回したら…」 。 。 それは国内経済を殺し、為替レートにも役に立ちません。 これはBoJにとっては面倒です。」

READ  BOJ政策立案者は金利引き上げで円安の対応を排除
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours