スポーツ

消費萎縮による日本経済萎縮

TOKYO(AP) – 7-9月の四半期日本経済は、コロナウイルス感染症を抑制する努力で民間消費と自動車生産が打撃を受け、年間3%の萎縮を示しました。

日本の国内総生産(GDP)は国家の製品とサービスの価値を測定することで前四半期より0.8%減少したと内閣府が月曜日明らかにした。

年間比率は、4分の1の割合が1年間続いたときに経済がどれだけ成長または縮小したのかです。

世界3位の経済規模を誇るこの経済は4~6月に0.4%成長し、1~3月には1.1%減少しました。

日本はコロナ19封鎖措置を取ったことがない。 しかし、定期的に企業に「緊急事態」に基づいて営業を中止するか、時間を制限するよう依頼しました。 社会的距離置きも励ました。

それは消費と民間投資を萎縮しました。 月曜日のデータによると、7~9月の民間消費は前四半期比1.1%減少した。

自動車の生産に必要なコンピュータチップやその他の部品の不足は、それを生産するアジア諸国の閉鎖のために数ヶ月間の深刻な問題でした。

日本の自動車会社の生産と販売は打撃を受けた。 しかし、東南アジアの状況が緩和されると、今後数ヶ月以内に生産量が反騰すると予想されます。 日本最大の自動車メーカーであるトヨタ自動車は、最近来月の生産が正常化すると明らかにした。

予備および季節調整実質GDPデータも、7~9月の輸出が前四半期比2.1%減少したことが分かりました。

政府は経済を維持しながら感染を抑制しようとしてきました。

新選された岸田文夫首相は、コロナ19患者のための病院の能力を拡大し、財政支援を約束しました。 彼の前任者は、彼の政府がウイルスと戦うのに十分ではないという普及した認識のために大衆の好意を失った。

日本の人口の約76%が予防接種を完了しましたが、新しい感染波に対する懸念が高まっています。 日本はブースターショットの具体的な計画を発表していない。 日本は約18,000人のCOVID-19関連死者を報告しました。

SuMi TRUSTのNaoya Oshikuboシニアエコノミストは、コロナ19が統制されると経済回復が来ると述べた。 エンターテイメント部門とレストランが特に大きな打撃を受けたと彼は言った。

「星はすぐに回復するためにソートされました。 大久保は最近の報告書で「9月末に緊急事態が解除され、より多くの人々が外食をして映画館、クラブ、劇場、その他の形態の公共娯楽を探す消費者支出の急激な反騰が進行中」と話しました。 。

彼は岸田政府が経済を扶養するために年内の追慕を通過するという希望も高いと述べた。

一部のアナリストは、日本のGDPが10〜12月の四半期に成長すると予測しています。

___

影山ガラスはTwitterにあります。 https://twitter.com/yurikageyama

READ  日本最大パラリンピックチーム結成、成功準備

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close