理科

深刻な、あまりにもコロナの影響… 30%が「年俸削減」、10%が「出副業を勧められた “[1000 명의 답변 설문]| Business Insider Japan

コロナによる雇用不安が高まっていることが、日本の労働組合総連合会(連合)の調査で分かった。

撮影:今村琢磨

新型コロナウイルスの影響で2020年の収入が減る見込みの人が30%に達するが日本労働組合総連合会(連合)が実施したアンケートで明らかになった(以下の数字は四捨五入)。

産業別にみると、年間所得の減少や雇用不安を抱えている人は、「宿泊業、飲食サービス業」で大きく、同業界はこのままコロナ災害が続けば「働き続けることができない」と感じている人も40%にのぼることが分かった。

円・ジャパンの中小企業の冬のボーナスの調査しかし、「減額予定」が急増しており、コロナの影響は深刻化している。

給与」増加」は3%

rengo1

給与の減少の影響は正規雇用がより大きかった。

出典:日本の労働組合総連合会

アンケート連合が2020年11月19〜26日、18歳から65歳の男女計1000人にインターネットで実施した。

「自分の今年の賃金総額(手当・賞与など)は、新型コロナの影響を受けたことと思いますか」という質問には、40%が「変化はない見通し」と答え、最も多かった。

「減少する見通し」は30%、「分からない」が27%、「増加する見込み」が3%であった。

産業別にみると、「宿泊業、飲食サービス業」では「減少する見通し」が51%、「製造業」で39%と、全体平均を大きく上回った。

10%が「職場で派遣・副業おすすめ “

reng2

雇用不安を抱えている人は、食品サービス業などに多い。

出典:日本の労働組合総連合会

「コロナ災害が続けば、職場で働いて続けたいと思うか」という質問に「働き続けることができないと思う」などと答えた人の合計は12%で、10人に1人を超えた。

一方、「仕事続ける」などと答えた人の合計は88%。

「宿泊業、飲食サービス業」で見ると、働き続けることができないと考えている人は30%以上に達し、全体のより約20%も高い結果となった。

また、全体の12%が「職場で派遣打診または副業推薦を受けた」と答えた。

rengo3

出典:日本の労働組合総連合会

「コロナ災害状況や会社の業績等を考えた時、自分の雇用に不安を感じるか」という質問に不安を感じている人が58%に達した。

一方で不安を感じない人も42%あり、答えは大きく2つに分かれた。

ボーナス支給する中小企業も40%が「減少」

に

中小企業のボーナスも「減額予定」の割合が大幅に増加している。

出所:円・ジャパン

実際、冬のボーナスにも厳しい状況が続いている。

円・ジャパンが行った前出の調査では冬のボーナスを支給することにした中小企業のうち40%が「減額予定」と回答した。

調査は、2020年11月25日から12月15日、従業員299人以下の企業333社の人事担当者を対象に実施した。

調査によると、冬のボーナスを支給する予定したのは82%で2019年の調査と同じ割合であった。 しかし支払いはしかし、「減額する予定」とした企業は、31ポイントの増加42%に達した

また、減額率は20%未満の減少にとどまった企業が過半数(52%)を占めたが、一方で、40%以上のボーナスを減らすとした企業が約20%(19%)に達する

調査を実施した “人事のミカタ「編集長の手塚伸也氏は次のように語った。

大企業を対象にしたアンケートより、中小企業は、減額を検討している企業の割合が多く、困難な状況にあるとすることができる。

コロナ災害でも冬のボーナスを支給する企業は、前年と同様に80%だったが、ボーナスを出すことが限界で減額をさせられた企業も多かった “

(本文・横山孝太郎

READ  新型コロナ災害復旧勢い鈍化 - 年末の不確実性が発生 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close