理科

深海火山が作った新進島はもう見えません。

1月6日、Asahi Shimbun’s Asuka警備飛行機が飛行中に水中火山によって生成されたシュートは、島がもはや空中に見えなくなりました。 (鈴川一郎と小太郎恵原のビデオ映像)

水中火山の爆発によって生成された新進島は、溶岩塊の波の侵食のために完全にロックされているように見えます。

1月6日、朝日新聞の飛鳥警備飛行機は、東京から南に約1,000km離れた小笠原諸島の南・島島のすぐ北にある福徳・岡野海底火山上空を飛行しました。

蓄積された溶岩は波のすぐ下に見られましたが、国立地球科学と災害復旧研究所の統合火山研究センターを率いる中谷中達は、干潮時にも飛行が行われたときに陸塊がないことを観察しました。 睡眠の上に現れた。

中田はまた、石油流出がほとんどなかったことにも注目しました。 副石は小笠原チェーンに近い位置だけでなく、約1,000km離れた沖縄県まで詰まった漁港で仕事をあきらめなければならない漁師たちに嬉しいニュースです。

8月13日、福徳・岡ノヴァの全面的な噴火で演技と灰が16kmの高さまで上昇した。 1914年、鹿児島県桜島火山爆発に続き、約100年ぶりに最大規模の爆発だった。

10月にアスカホが福徳-岡野上空を飛行したのは、溶岩によって生成された層状基盤の証拠を示しました。 しかし今回は波に侵食され、どこにも見えなかった。

しかし、水中火山周辺の水が緑色になって火山活動が続いているという兆候がありました。

空中で浮遊する石の非常に薄い帯だけが観察された。 水中火山から西に約50kmを飛んだ後も、石石は見えませんでした。

中田は、副石が新興島の侵食によって生成されたが、現在は痕跡がほとんどないと述べた。

日本海岸警備隊は35年ぶりに新島の出現を確認しました。 Fukutoku-Okanobaは、1904年、1914年、1986年に噴火した後、過去に小さな島を作りました。 しかし、これらもやはり溶岩の柔らかい性質のため、浸食によって最終的に水に浸かった。

副石は黒潮の海流に乗り、日本西部沿岸地域、伊豆諸島、関東地域に向かって北に運ばれました。

中田は「過去の事例で推測するとき、昨年のようなもう一つの大規模な噴火は近い将来発生しないだろう」と話した。 しかし、その噴火は海底に「基礎」を作りました。

水中火山によって新しい島が生成された地域では、壊れた波だけが見られます。 背景には南伊王島があります。 (えばらコタロ)
20220108-火山-5-L
2021年10月15日に撮影されたこの写真で、福徳-岡ノヴァ水中火山が作った新島全景(江原五太郎)

READ  ビジネス上の意思決定のパターン認識アルゴリズムが重要となる理由の論理と感性と意思決定の美学| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close