トップニュース

混血選手は、日本社会の広範な発展を反映します。

NSSより息子 日本人の母とベナンの父の間に生まれたHachimura Ruiは東京から車で約6時間の距離にある小さな町である富山の同級生よりも目立ちました。 他の子供たちが彼を嘲笑したとき、彼はスポーツのウェブサイトであるThe Undefeatedでこう回想している。 しかし、バスケットボールのコートでの彼の才能は彼に尊敬のに役立ちました。 現在、米国のスター NBA、ハチ村氏は7月23日オリンピックが開かれたとき、日本代表チームの旗を掲げていることです。

この話を聞いて

で、より多くのオーディオおよびポッドキャストを楽しむ iOS または アンドロイド

ハチ村氏がライダーに選出されたのは、人種的同質性に対する考えが長い間支配してきた国で人種とアイデンティティに対する態度がどのように変化しているかを反映します。 彼はハイチの – 日本のテニスチャンピオン大阪ナオミ(Osaka Naomi)からガーナ – 日本の短距離選手サニーブラウン・アブドゥル・ハキム(Sani Brown Abdul Hakim)、イラン – 日本野球スターダルビッシュ有(Darvish Yu)に至るまで、日本が多様性を考慮するように強制的に著名な混血選手の集団に属します。 。 「彼らは、自分が持っていないロールモデルとなっています。 ” hafu (半)、日本では混血人をよく呼ぶからです。

日本が人種的に均質な国家という概念は、常に神話でした。 日本人はアジアの多くの地域に由来している。 日本にはアイヌ人、沖縄人(両方一時日本と区別された島出身)と韓国人が住んでいます。 日本帝国は多民族社会であった(ただし、日本人が階層構造の最上位にある社会だったにもかかわらず)。 しかし、同質性の神話は、帝国以後のアイデンティティを追求する日本人と日本の経済的奇跡の説明を見つける部外者の間で熱烈なアテンダントを発見した。 全体ジャンルの文学がその周辺で発見した。 Nihonjinron、日本人の理論。 「日本のマイノリティ:親和性の幻想」の編集者であるマイケル・ウィナーは、そのような考えが「多文化の過去を除去し、少数民族の存在を排除した」と主張しています。 保守主義者たちは、今日までそれを固守しています。

純粋な人の話は余地を残さない。 hafu。 真の日本人とみなされるのは、二人の日本人の親があり、日本語を流暢に駆使して「日本語の演技」を意味する傾向があります。 Miyazakiさんは「私たちのほとんどは日本人ではないという絶え間ない感じを持っています。 Hafu 日本のパスポートを所持しているにもかかわらず、外国人として認識されている場合があります。 大阪の祖父は母が初めて外国人に会っているという事実を明らかにしたとき、母を否定しました。

今日まで人種差別は大きな問題として残っています。 そのため、チャンピオンの運動選手を祝うことは、偽善的に見えることがあります。 ハチ村氏は、ソーシャルメディアで「ほぼ毎日」憎しみ性メッセージを受けると言いました。 麺メーカーのNissinは広告で、大阪の肌や髪を明るくしました。 (反発以来、同社は広告を停止した。)右のいくつかは、まだ二人が本当に日本人なのかについて疑問を提起する。 強力なフォアハンドや柔らかいジャンプショットがない人には状況がさらに厳しくします。 混血子供は残酷ないじめに遭っています。 いくつかの学校では、髪が日本の直線、黒基準に合わない場合、染色したり、まっすぐにようにするルールがあります。 雇用と住宅の人種による差別が蔓延しています。 日本法には、これを予防する歯がない、研究する社会学者下地ローレンス吉高が嘆い hafu。 日本の政治で少数民族は、代表者がほとんどありません。

しかし、日本のより多様な現実は、特にハチ村氏のようなスターたちのために無視することは困難です。 新世代の運動選手が自分の経験を放送することを恥じていないのに役立ちます。 「差別に対して公に話すような声を聞くと、人々は一人ではないことを認識されます。」とShimoji氏は言います。

日本には戦後の歴史の中、これまで以上に多くの外国人がいます。 日本の減っている人口を補うための秘密の移民キャンペーンにそこに居住する外国人の数が10年前の約200万人で、今日約300万人に増加しました。 全人口の2%に過ぎないが、その割合は、都市居住者と若者の間で非常に高くなります。 東京の20代のうち少なくとも10%は外国生まれです。 (日本は国民の民族的背景の統計を収集せずに国籍のみを収集します。)

外国人との結婚に対する偏見が消えています。 1993年に日本人の30%が国際結婚を承認したのに対し、34%は反対​​しました。 データを利用することができる最後の年、2013年までに56%が承認した20%はそうではなかった。 1980年代後半には、135人に1人で50人に1人が混血夫婦から生まれています。 ハチ村氏と仲間たちが示すように、その可能性はすごくます。

この記事は、「日本の変化顔」というタイトルで印刷版の、アジアのセクションに掲載されました。

READ  日本、オリンピックファンのための技術に数百万ドルを費やす| 世界の

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close