技術

済南、「多国籍企業(過去)の幹部のための2021年のダイアログセッションと中産業革新と開発交流会議」の開催

JI’NAN、中国、2021年5月21日/ Xinhua-AsiaNet / -“多国籍企業(過去)の幹部のための2021年のダイアログセッションと中産業革新と開発交流会議」」開催5月27日から28日まで山東省の首都済南。

山東省は中国で経済と貿易の面で日本と最も密接な関連がある地方の一つです。 中国では、人口2位、経済3位です。 首都済南は山東省の政治、経済、文化、技術、教育、金融の中心地です。

過去の投資促進局によると、今回のイベントは、過去の人民政府、商務部投資振興庁、山東省商務部が共同で開催する予定である。 このイベントは、健康、環境保護、および炭素排出量の削減、スマート製造、デジタル経済のような分野で日本の多国籍企業、有名企業や国際的なビジネス組織との実質的な交流と協力を促進することを目的とします。

イベント期間中、主催者は、4つの主な活動(「1 + 3」)を開催します。 「1」は、日本との新たな協力の機会を参加者に知らせるためのテーマ活動である。 Fortune 500企業、よく知られている多国籍企業、Sumitomo、Marubeni、Sojitz、Panasonic、Fuji、Canon、Mitsubishiなど、日本の業界のリーダー、日本の経営協会と中日デジタル総会のような国際機関やビジネス協会の活動に参加することです。

現場では主要なプロジェクトの調印式と済南と京都の中の医療イノベーション開発センター開所式が行われる予定だ。 「3」は、健康、環境保護、および炭素排出量の削減、デジタル製造などの分野で中国と日本企業との間の交流と協力を交渉するための3つの並列活動を表します。 イベント期間中、日本企業も主要産業団地を訪問することができます。

済南は今年から毎年5月の最終週の木曜日と金曜日に「多国籍企業(過去)の役員のための対話セッションと中産業革新と開発交流会議」を定期的に開催する予定である。 。 私たちは、日本のすべての分野がより広い協力スペースを開くため、過去について学び投資することを期待します。

担当者:Wang Lina電話:+ 86531-66601785、+ 86531-66601787メール:[email protected][email protected]出典:過去の投資振興局画像添付リンク:リンク:http://asianetnews.net/view -attachment? attach-id = 391783キャプション:「多国籍企業(過去)の役員のための2021年のダイアログセッションと中産業革新と開発交流会議」が開催されます。 去る5月27日から28日まで

リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=391792キャプション:過去には、世界的に有名な春の都市であり、この写真は、過去3大名所の一つであるバーオーツー春で撮影されました。

リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=391794キャプション:過去には希望と機会がいっぱいの都市です。

PWR PWR

(このストーリーは、Devdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  Splitit(ASX:SPT)の株価が、今日7%上昇する理由は次のとおりです。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close