スポーツ

渋野大きな拍手池ポチャ…グリーン分離…パー4で8打 – 米女子プロゴルフ:日刊スポーツ

第3R 14番グリーンを眺める渋野(AP)

<미국 여자 골프 투어 : 미국 여자 프로 선수권> ◇3日◇10日◇米国ペンシルバニア州ああロニーミンクGC(6577ヤード、パー70)◇賞金総額430万ドル(約4億7300万円)を獲得、64万5000ドル(7095万円)◇無観客開催

渋野ひなこ(21 =サントリー)が開始10回パー4で8打大型ヅドゥリゴウル引き受けスコアを落とした。 米本土でのツアーで4試合連続予選通過を果たしたが、反撃に出はなを挫折された。 12番で落としたが、16番パー5でバーディー。 通算10オーバーで前半を終えた。

◇◇◇

反撃を期して10回パー4悪夢が待っていた。 第1打を左ラフに打ち込むと、ピンを直接狙った第2打は池ポチャ。 第4タナグリーン乗らずアプローチはピンの前の困難な傾斜に大きく返した。 結局5オン3パットの8打一気にスコアを落とす大きな叩い。 突然出はなを挫折された。

8打以上大きなたたきは、最初の抗議に陥った17年9月、日本女子オープン1日14回パー4で9打を打ってからである。 前日に続いてメジャーの洗礼を受けた形である。

この日は、ティーショットの正確性戻ってきた。 しかし、グリーン上では大苦戦。 12番から表示をたたき、通算10オーバーで最下位75位まで後退した。 16番パー5でわずか1つのバーディーを返したが、18番で再び波。 10オーバーで前半を終えた。

第1日イーブンパー13位。 第2日の75難しいコースセッティングにはね返された。 それでも渋野プレイを希望する米本土から米国ツアー4試合連続予選通過に成功した。 苦しい戦いは続くが、体も頭もフル回転させて渋野は私のコースに全力で挑戦している。 苦い経験は、将来的に繁栄するしかない。

◆渋野大たたきアマチュア時代から日米ツアー通算42試合(うち日本35戦)でダブル波(波表示の倍のスコア)以上を打ったのは1ホルプン。 茨城・我孫子GC開催17年9月、日本女子オープン第1ラウンド(R)14番パー4で「9」を叩いた。 この大会は、抗議合格前におそらく資格を放棄して登録するプロデビュー。 また、トリプルボギー1度だけ。 39戦8月にロイヤルアップデートルーン開催AIGブリティッシュ女子オープン第1R 4番パー5された。

READ  「それは日本、大きな地震だった」:Beauden Barrettは7.3の地震に反応します

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close