渡辺裕太は2024/25年に日本で走る計画です。

Estimated read time 1 min read

ベテランスイングマン 渡辺ユタ 金曜日の夜に発表 Instagramのライブセッション 杉浦大輔や柴田岳などのツイートによると、彼はNBAを去り、2024/25シーズンの間に日本の日本でプレーするという意思を明らかにしました。Twitter 接続)。

29歳の渡辺は2018~20年グリズリスで一シーズンを過ごした後、2020~22年トロントで2年を過ごした。 彼は2022/23年にブルックリンで最高のNBAシーズンを楽しんだ。

渡辺はネッツでしっかりした姿を見せ、去年の夏サンズと2年最低年俸契約を結んだが結局フェニックスで重要な役割を果たせず、29試合で競技当たり平均13.2分だけ出場した後メンフィスでトレードされた。 3チームで構成される最終契約の一環として、2月 ロイス・オニール そして デビッド・ロディ サンズに。

メンフィスに復帰し、負傷した選手名簿に合流した渡辺は正規出場時間を確保しましたが、手首の問題と個人的な理由によりわずか5試合にしか出場できませんでした。

渡辺の次のシーズン $2,654,644 選手のオプションは今回のオフシーズンに始まるのが安全な賭けのように見えたが、金曜日のインスタグラムライブに対する彼の発言は、彼が日本復帰経路を確保するためにこれを拒否する計画であることを示唆しました。 彼がその動きに従うと仮定すると、すでに2024/25年に12人の選手に保証された金額で1億5500万ドル以上を負っているグリズリスに少しの追加キャップとリストの柔軟性が生まれます。

READ  AUD/JPY、日本-北朝鮮緊張高調に94.00以上上昇
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours