トップニュース

温泉浴後に牛乳を飲むのが日本の伝統な理由

日本の内部ツアー 訪問者に温泉に浸る前に従うべきいくつかの方法を教えてください。 温泉浴をする人は水に入る前と後にシャワーを浴びなければなりません。 髪は帽子やタオルに入れる必要があります。 その後、牛乳の瓶を飲む事前のお風呂の経験があります。

温泉を楽しむ 温泉に身を回した後、牛乳を飲む習慣の説明は、誰に尋ねるかによって異なります。 1つのバージョンは、個々の製品の販売を拡大するために一緒にすることを決めた2人の進取的なビジネスマンであるKen MoriyamaとSumida Shokaiを表しています。 牛乳 そしてコーヒー。 彼らは1940年代に登場した「コーヒーミルク」という飲み物を作りました。 もう一つのバージョンでは牛乳を売りたかったのですが、冷蔵庫がよく見られる浴場で牛乳を販売することに決めたもう一つの酪農生産者について話し、その慣行が誕生しました。

今日、温泉を浴びている人はコーヒーミルクやフルーツミルクを選ぶことができます。 ライブジャパン – どちらもお風呂の後に体がすぐに再活性化するのに役立つ甘い飲み物です。 サイトによると、お風呂に入る人には別の選択肢があります。 味と組成がスプライトに近い「Teppo Water Cider」として知られる甘い炭酸炭酸水飲料です。 日本旅行

READ  日本全土の物語作り

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close