技術

温泉運営と調和する日本ワイタ地熱開発

日本熊本ワイタ地熱発電所(出典:Baseload Power)

日本熊本県ワイタの小規模地熱開発は、地元の温泉運営と緊密に調和した地熱開発の良い例です。

日本公営放送局の最近の記事NHKは、日本の現在の地熱の野望と努力についての興味深い洞察を提供しています。

熊本県阿蘇山の奥深くにビルゲイツとジェフ・ベゾスが共に投資する投資ファンドの支援を受ける地熱発電会社があります。 NHKが熊本県小国町にある温泉地「ワイタ温泉郷」を訪れました。 片隅に木造構造と歴史感のある高級旅館です。

私たちを迎えてくださった旅館社長の熊ヶ井和明さんも発電会社の経営者です。 敷地内には約5mの高さの小さな地熱発電所もあります。

この旅館は今年2月に温泉井から出る蒸気を利用して地熱発電を始めました。

200世代が生産した電気を清浄エネルギーで福岡市のアパートに供給しました。

日本は地熱発電の歴史が長いが、開発地がやむを得ず温泉地と隣接しており、掘削及び蒸気抽出により温泉水量が減少する恐れがある。 互いに対峙する温泉組合の構成は、多くの場所で発生した。
しかし、それにもかかわらず、温泉旅館が地熱発電を独自に処理することは驚くべきことです。

熊井一明氏は「事実約30年前に村が賛成と反対の二つの部類に分かれ、事業者の計画は外れた。 現在、多くの住民が温泉に与える影響を懸念しています。 地元の踊りも打つことができないほど残念だった。 結局計画は取り消された。 その後、温泉に影響を与えない新しい発電方式を開発し、地域全体に地熱発電ができるシステムを作りました。 今、すべての村人が同意します。」

温泉にやさしい新技術

温泉に影響を与えない新しい発電方式が「バイナリ発電」です。 既存の地熱発電は非常に高い温度の蒸気を必要とし、発電が完了すると冷却された水を地上に戻す。

当時地下水源の温度が下がるかと懸念した。

二進法の発展は、沸点が水より低いガスを媒介に温泉地に溜まった蒸気をそのまま使用することができる。 地下水源に直接影響を与えない技術です。

この技術の登場で住民たちの懸念が解消されたという。

2011年、ワイタ温泉村は地熱発電会社であるワイタカイを設立しました。 会社はすべての居住者が所有しています。

温泉の量と温度をデジタル管理し、全地域を監視し、温泉に影響があるかどうかを確認するシステムを導入しました。

このシステムはワイタカイ以外の発電会社に開放され、現在、この温泉地域の7か所で地熱発電が進められています。

熊井一明氏は「大気中に放出された蒸気をそのまま有効に使用することができます。 発展でも収益を上げることができるが、この分野の努力が本見になることを望む」と話した。

源泉: NHKジャパン

READ  CEATEC 2021展示会:「コロナと一緒に暮らす」と脱炭消化強調

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close