理科

溶岩の海に岩降り注ぐ地獄のような星」K2-141b」 – GIGAZINE



地球から約202光年離れたところにある太陽系外の惑星この「時速5000kmの風が吹きすさび深さ100kmの溶岩の海に岩が降り注ぐ」は、まさに地獄のような環境星という研究結果が発表されました。

溶岩惑星K2-141bの待機モデリング:低解像度と高解像度の分光の示唆| 王立天文学会月刊お知らせ| オックスフォードアカデミック
https://academic.oup.com/mnras

溶岩惑星に予想される超音速風、岩非-McGill University
https://www.mcgill.ca/newsroom/

マギル大学ヨーク大学インドの科学教育研究所の研究チームが惑星の環境をシミュレートしたのは2018年に発見された太陽系外惑星K2-141bです。 K2-141bは地球から約202光年の距離にある星を約0.3日に公転する惑星から半径は地球の約1.5倍、質量は地球の約5倍程度あります。


研究チームがK2-141b日照パターンを分析した結果、地球は12時間周期で昼と夜を繰り返しに対してK2-141bは指標の約3分の2が常に低いされているかどうかがわかりました。 また、昼間の温度は3000度で夜-200度極限環境があることも明らかになった。

3000度の温度は、ナトリウムと一酸化ケイ素、二酸化ケイ素を含む岩石をドロドロに溶かしてしまうため、K2-141は溶岩の海が広がっていると考えられるとのこと。 また、地区では、「水が蒸発凝縮し、雨」というサイクルがあるように、K2-141bでは「岩が3000度の高温で蒸発時速5000kmの風によって夜の部分に運ばれ凝縮雨になって降り注ぐ」というサイクルがあると研究チームは述べた。


しかしK2-141b周期は、地球上の水循環程度安定していないようです。 溶解と凝縮を繰り返してK2-141bのミネラル成分は変化し、最終的に惑星の表面と大気は完全に変化すると、研究チームは、予想しています。

研究チームの一人であるニコラス・コーワン氏は、「K2-141bの待機が溶岩の海を越えて広がり、惑星でありながら望遠鏡で簡単に見つけることができます “”地球を含むすべての岩石惑星、最初は溶岩の海が広がる、世界だったが、その後急速に冷却されて固化した.K2-141bような溶岩惑星は惑星の進化の道を示して珍しい存在です」と言います。


研究チームは、2021年10月に発売が予定されているジェームズウェッブ宇宙望遠鏡を使用してK2-141bをより詳細に観察したいと今後の課題を述べています。

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
土星の衛星タイタンの大気の「生命の起源になることができる分子」が発見された – GIGAZINE

ブラックホールが星を「スパゲッティ化」させて嚥下瞬間が捕捉される – GIGAZINE

隕石が「水」のように地球の大気からはねる現象を捉えた映画 – GIGAZINE

世界最大の電波望遠鏡が原因不明の事故で崩壊し、ダウン – GIGAZINE

火星と木星の間にある、なぜ惑星セレスの地下に「海」が広がっている可能性があることが判明し – GIGAZINE

地球に多大な影響を与えることができる太陽活動 “太陽フレア」「コロナ質量放出」とは何ですか? – GIGAZINE

READ  なぜ人々は、強制されたときよりも自発的に取り組む時すぐに学ぶだろうか? この科学的に表示される - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close