entertainment

滅び風斗が事前退団公演「ブッチ最終章」にスプリント – 宝塚:日刊スポーツ

彩凪ショー(左)など雪組メンバーを率いて、事前脱退コンサートをした目組トップつぶれ風斗(撮影・村上久美子)

来年4月11日に退団が決定された宝塚歌劇団の目組トップ亡骸風斗(のぞみ・フウロ)が11日、兵庫宝塚大劇場で事前退団公演されるコンサート「NOW ZOOM ME! “の初日を迎えた。宝塚は19日まで、東京宝塚劇場は9月26日〜10月3日。

最初は4〜5月に東京、神戸でホールコンサートで行われていたが、新型コロナウイルスの感染拡大に停止した。 一定在庫依存宝塚東京本社で開催が決定した。 マンヘウン「何とか上演されてありがとう」と、約4ヶ月半遅れの開幕に感謝した。

優れた歌唱力を誇る滅びの個性を生かしたコンサートしたがって、オーケストラボックスのすぐ使わないが、オーケストラによる演奏で進行する。 客席最前列を置いて舞台と客席の間のエプロンステージ」は、交換」も使用の舞台となった。

前日10日に最終的な練習を通じた時マンヘウン「本来なら今頃次の公演の準備に入っていただろう」と感慨深げ。 脱退日程もコロナ流行に約半年遅れましたが、「4ヶ月、5ヶ月(自粛期間は)ほとんど家で過ごす日々私(宝塚の)生放送を見ていました。 家にいる時間もダカラジュカウル見ることができるなんて信じられないほど」も。入団前自身も熱心な宝塚ファンだった滅びのような狡猾なトークも公開した。

今公演をめぐっては、4月の緊急事態宣言より前にすでに演出写真を撮って終えた瞬間の練習も停止した。 7月に花組公演で宝塚歌劇が「復活」した後、8月3日になってようやく再び統合された。

他チーム移籍も4月11日に決定され、マンヘウン「まだ(卒業まで)時間があります。攻撃して攻撃して攻めまくる滅びの風二の画像つぶれ風斗までをお届けしたい」と愛」ブッチ最後の章」をに向かって全力疾走を約束します。 今公演は念願だったピアノ演奏に臨んだ。

男役の王道を追求してきたマンヘウン宝塚な色と香り漂う線の姿勢品位と一緒に当代切手の歌唱力でファンを魅了した。 最初のステージラインダンスで滅びの出演舞台映像も流れは中で、ファン投票による宝塚番号とパパも歌って直人インティライミ新作「夢を集めて」も熱唱した。

READ  NiziUプロデューサーJY Parkの言葉指導法が反響」勉強になる」「経営の本質」|松子会議|動画|ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close