漫画家、日本駐在ドイツ大使館にアルバートアインシュタイン壁画を描く – 興味

Estimated read time 1 min read

100年前に有名な物理学者の日本訪問を描いた内田信之介


コミックスタイルの壁画で有名なアーティスト内田信之介は、ノーベル賞受賞者であるアルベルト・アインシュタインの100年前に歴史的な日本訪問を描いた日本駐在ドイツ大使館の壁画を描きました。 大使館の協力で月曜日に絵が完成しました。 ソーシャルメディア 彼女が仕上げ作業中にアーティストをライブストリーミングします。

壁画は、1922年11月17日から12月29日まで妻Elsaとともに、東北、関西、九州など日本各地の著名な物理学者を描いた6つのパネルで構成されています。 各パネルは旅行日誌または外部のアカウントから取得されます。 、説明テキストが付属しています。

駐日ドイツ大使であるDr. Clemens von Goetzeは次のように語った。 彼はまた、文化間の理解と平和を促進した。 1922年の旅行はアインシュタインの唯一の日本訪問で残りますが、彼の詳細な記録は日本社会と文化が彼に残した深い印象の証です。 我々は、これらの印象をできるだけ本物のように鮮やかに伝えることを願っていました。 内田信之介の漫画スタイルは、彼らの芸術的な表現に理想的だった」

アーティスト・信之助上田氏は、「アルベルト・アインシュタインの日本旅行の絵画に、私が選ばれたというニュースを東京駐在ドイツ大使館で聞いたとき、とても驚きました。壁の一部はライブペインティングで仕上げられる予定であり、それを見るすべての方が楽しんでいただきたいです。

東京デザインフェスタ、デザインフェスタギャラリー、東京コミックコンなどのイベントで国内展示会とともに、ウチダは アニメエキスポ 2019(アメリカ)、Anicon2018(ロシアサンクトペテルブルク)、JapanWeekend2019(スペインマドリード)、Napoli Comicon2019(イタリアナポリ)、MAGエアフルト(ドイツのエアフルト)。

出典:プレスリリース


READ  日本の失業率は賃金と物価に肯定的な兆候で下落
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours